uluca(うるか)に行ってきた!目白にある極上のサツマイモスイーツ専門店 | としまらいふ 池袋・豊島区情報ブログ
豊島区を楽しむ!グルメ・おでかけ情報ブログ

uluca(うるか)に行ってきた!目白にある極上のサツマイモスイーツ専門店

目白 uluca うるか 入口

2022年7月28日、目白駅近くに「uluca(うるか)」がオープンしました。

こだわりのサツマイモを使用した、スイーツのような甘い焼きいもや大学いもを販売しています。

ここでは、目白の「uluca(うるか)」のアクセスや行き方、営業情報、店内の様子、実際に行ってきた感想を紹介します。

ERIPO
豊島区在住ERIPO

サツマイモ好きな人にはたまらないお店!

※感染拡大防止のため、営業状況が異なる場合があります。公式HP等で営業時間のご確認をお願いいたします。

uluca(うるか)は目白のサツマイモスイーツ専門店

uluca うるか 店内カウンター

「uluca(うるか)」は、生産者から直接仕入れた、選び抜かれたサツマイモスイーツを販売するお店。

日本最大のサツマイモ・焼きいもイベント「さつまいも博」の公認ショップです。

メニューはすべて「日本さつまいもサミット」で受賞歴のあるサツマイモのみを使用。

品種や熟成具合を一本一本見極め、低温でじっくり時間をかけて焼き上げた焼きいもは、スイーツのような濃厚な甘さを楽しめます。

uluca(うるか)のアクセス・営業時間

  • 【営業時間】11時~19時
  • 【定休日】日曜・月曜
  • 【住所】東京都豊島区目白3-6-1 アルファ目白1F
  • 【電話】03-6908-3922
  • 【アクセス】JR目白駅 徒歩5分
  • 【座席】なし(テイクアウト専門)
  • 【駐車場】近隣にコインパーキングあり
  • 【駐輪場】近隣に駐輪場あり
  • 【支払い】現金、クレジットカード、交通系ICカード等電子マネー、QRコード決済(PayPayのみ)
  • 【HP】Instagram 公式サイト

>>関連記事:【目白の駐輪場まとめ】自転車置き場6か所を写真付きで解説!無料や駅近・屋内も

目白駅からuluca(うるか)の行き方

JR目白駅(改札1つ)を出たら、目白通りを左へ。

鼓月 目白店 行き方

右手にある横断歩道を渡り、そのまま目白通り沿いをドトール方面にまっすぐ進みます。

目白 uluca うるか 行き方

ファミリーマートの角を右へ曲がるとすぐに、路面店の「uluca」があります。

uluca(うるか)に行ってきた

uluca うるか 外観

オープン初日の17時半ごろに、uluca(うるか)に行ってきました。

目白通りから路地に入った、閑静な住宅街が並ぶエリアにあります。(以前はネイルサロンがありました)

uluca うるか 店内

店内はグレーと木目を基調とした、明るくナチュラルな雰囲気。

正面にショーケースがあり、おいしそうな焼きいもが並んでいます。

店内にキッチン設備はなく、セントラルキッチンのオーブンで焼き上げたものを運んでいるとのことでした。

目白 uluca うるか 店内のグリーン

一見雑貨屋さんかと思ってしまうオシャレな内装。植物がたくさんあり癒やされます。

植栽は「園藝と再生」というプロジェクトとコラボしているもので、展示販売をしているそう。気に入ったものがあれば購入が可能です。

目白 uluca うるか 店内のオブジェ

店長さんは明るくて気さくな若い女性で、何かわからないことがあれば気軽に質問できます。

店名でもある「uluca(うるか)」は、大昔に日本で「さつまいも」を表す言葉として使われていたそう。とても可愛い響きで、お店の雰囲気に合っていると思いました。

こちらの目白が1号店で、ほかに系列店はないそうです。

uluca(うるか)の販売メニュー

uluca(うるか)では、こだわりの高品質なサツマイモを使用したメニューを販売しています。 (価格は税込)

焼きいも・大学いもの賞味期限は当日中とのことでした。

干しいも(照沼農園)

uluca うるか 干しいも

100g(550円)/200g(1,000円)

茨城県で有機栽培をしている、照沼農園の「べにはるか」を使用した絶品干しいも。

自然の甘味、滑らかな食感、干しいもにしたときに黄金色に輝く色味が特徴です。

大学いも(照沼農園)

uluca うるか 大学いも

100g(400円)

蜜がたっぷりつまった「べにはるか」を使用した、贅沢な大学いも。

シェフ監修のオリジナルの甘ダレを絡めて、これまでの大学いもとは一味違うおいしさを実現しています。

オープン日から大人気で、私が夕方行ったときにはすでに売り切れていました。

uluca うるか 大学いもの容器

大学いも用の容器は、100g用、200g用、カップタイプの3種類。カップタイプはすぐに食べ歩きができます。

uluca うるか 試食の大学いも

残念ながら大学いもは売り切れでしたが、1個だけ残っていた試食用を食べさせてもらいました。

外側はカリッと、中はねっとりとした食感。上品な味でとてもおいしかったです。

一般的な大学いもより蜜のコーティングが控えめで、サツマイモそのものの甘さが楽しめます。

これは今後ますます人気が出そうな予感……! また買いに行きたいです。

シルクスイート(市毛農園)

uluca うるか シルクスイート

100g(340円)※1日限定30本

2012年登場の新しい品種、絹のような食感が特徴の「シルクスイート」。

茨城県の海辺にある市毛農園のサツマイモは、ミネラルを豊富に含んだ潮風に育まれた極上の味わい。

べにはるか(照沼農園)

uluca うるか べにはるか

100g(340円)※1日限定40本

安納芋のように糖度が高く、濃厚な甘さが特徴の「べにはるか」。シルクスイートに比べると、ねっとりとした甘さと食感が特徴です。

べにはるかの豊富な蜜が皮からにじみ出ているのが、見てわかります。

芋けんぴ・芋チップス

uluca いもけんぴ いもチップス

  • 芋けんぴ べにはるか 80g(700円)
  • 芋けんぴ ふくむらさき 80g(700円)
  • 芋チップス 200g(500円)

良質な油で揚げ、こだわりの砂糖を絡めた芋けんぴと、芋チップス。カリッカリの食感が特徴です。

ほんのりとした塩味が、さつまいものおいしさを引き立てます。子供から大人まで手軽に楽しめます。

uluca(うるか)で買ったもの

目白 uluca うるか ショップバッグ

uluca(うるか)で、干しいもとシルクスイートを購入しました。ロゴ入りの紙袋に入れてもらえます。

uluca うるか 干しいもとシルクスイート

干しいも(550円)と、シルクスイート(952円)。

シルクスイートは100gあたり340円なので、大きさによって価格が変わります。

uluca シルクスイートの包み紙

丁寧に包まれたシルクスイート。uluca(うるか)のロゴ入りシールが可愛い。

uluca うるか シルクスイート 280g

包み紙を開くと、大きめのおいしそうなサツマイモが登場!

uluca うるか シルクスイートの大きさ

ずっしり中身がつまっていて、重みがあります。(写真のシルクスイートは280g)

uluca うるか シルクスイートの断面

中は綺麗な黄金色。繊維が少なく、しっとり滑らかな舌触りでびっくり。

名前の通りシルクのような食感で、なめらかで上品な舌触りは新感覚。

ねっとり濃厚な甘さの安納芋・べにはるかとはまた違ったおいしさです。

シルクスイートは、サツマイモのホクホク感と上品な甘さの両方が楽しめます。

uluca うるか シルクスイートの皮をむいたところ

皮をむいてみると、蜜がたっぷり。

安納芋やべにはるかに比べて甘さ控えめとはいえ、通常のサツマイモよりはかなり甘いです。

甘さが引き出されたシルクスイートは、スイーツのようにじっくり味わって食べたくなるおいしさでした。

皮もやわらかくて香ばしいので、皮ごと全部食べられました。

ERIPO
ERIPO

冷えた状態でも、温め直した状態でも、どちらもおいしかったです! オーブンで軽く温めると甘い香りとホクホク感が増しました

目白 uluca うるか 干し芋

こちらは、サツマイモ本来の自然な甘みを追求した、最高品質の干しいも。

大きめのサツマイモをスライスした「平干しいも」は、茨城県で伝統的に生産されてきた干しいもだそう。

uluca うるか 干しいも

茨城県で有機栽培した「べにはるか」の干しいもは、甘さが凝縮されてかなり濃い甘さでした。

お茶やコーヒーに合いそう!

子供たちが競うように食べつくし、あっというまになくなりました……。

uluca(うるか)は配達にも対応

uluca はUberEatsの配達に対応しています。家や職場など、好きな場所に届けてもらえます。

UberEatsのアプリを立ち上げて「さつまいも」または「uluca」で検索してみてください。

【1100円】初回限定クーポン
クーポンコード:eats-oryayi

UberEatsで割引クーポンを使う

【クーポンの使い方】
UberEatsアプリ内「アカウント → プロモーション → コードを入力」

uluca(うるか)で選び抜かれたお芋のおいしさを味わおう

uluca うるか サツマイモスイーツ

サツマイモのおいしさを引き出し、一番おいしい状態で提供している uluca(うるか)。

これからも、サツマイモの持つさまざまな魅力を届けてくれそうで楽しみです。

焼きいもも干しいもも、子供たちから大好評でした。砂糖や添加物を使っていないので、子供のおやつにもぴったり。

目白の uluca(うるか)で、選び抜かれた極上のサツマイモのおいしさを味わってみませんか。

 

【小苦樂(こくら)】目白の古民家カフェでランチとプリン・あんみつを食べたよ!夜は居酒屋営業あり
目白にある小苦樂(こくら)のアクセスや店舗情報、メニュー、目白駅からの行き方、店内の様子、求人情報をご紹介します。実際に行ってきた感想と、ランチ・あんみつ・プリンの実食レビューも要チェック!
PASTIFICIO DEL GATTOは目白のイタリア食材専門店!パスタ工房を併設
目白の「PASTIFICIO DEL GATTO(パスティフィッチョ・デル・ガット)」のアクセスや店舗の場所、店内の様子、実際に行ってきた感想を紹介します。イタリア食材とパスタの専門店で、カマルドリの修道院コスメとキャンディも取り扱っています。
グルメ
この記事を書いた人
ERIPO

としまらいふ管理人。豊島区民歴10年。豊島区在住の豊島区大好きなワーママ。西池袋、南池袋、雑司が谷、目白、椎名町あたりによくいます。

としまらいふ 池袋・豊島区情報ブログ