豊島区を楽しむ!グルメ・おでかけ情報ブログ

Suage 池袋店に行ってきた!北海道の超人気スープカレー実食レポ

Suage池袋店に行ってきた!大満足のスープカレー

2021年7月27日、人気スープカレー専門店「Suage(すあげ)池袋店」が池袋東武百貨店にオープンしました!

こだわりのスープに厳選した食材が絡み合うSuageのスープカレーは、各店舗で行列ができるほど。2007年に北海道札幌で創業以来、多くのファンに愛されています。

ここでは、「Suage(すあげ)池袋店」のアクセスや店舗情報、メニュー、店内の様子、実際にスープカレーを食べた感想を紹介します。

ERIPO
豊島区在住ERIPO
オープンにあたってクラウドファンディングも支援しました! 期待通りの超おいしいスープカレーでした

※感染拡大防止のため、営業状況が異なる場合があります。公式HP等で営業時間のご確認をお願いいたします。

Suageは行列ができるスープカレー専門店

Suage 池袋店

2007年に北海道札幌で創業した「Suage(すあげ)」は、国内外に合計13店舗を展開する有名スープカレー専門店。池袋店は、渋谷・丸の内・中目黒に次ぐ都内4店舗目となります。

「スープカレーを、特別な日常食に」をビジョンに掲げ、おいしいものが皆の手に届く日常を実現するために、店舗運営やデリバリー、通販などさまざまな方法でスープカレーを提供しています。

スープとの相性を研究しつくしたこだわりの具材は、自社農園の野菜や北海道産の食材を使用。お米や野菜、スパイスに至るまで、子供から大人までおいしくて食べやすいスープカレーを追求しています。

蝦夷マイタケ、ななつぼし(自社精米)、インカのめざめ(じゃがいも)、道産ポーク、知床どりなど、自然の恵みをたっぷり受けた北海道のおいしさを味わえますよ。

  • 行列ができる北海道札幌発の有名スープカレー
  • 海外店舗ありで世界で愛されるおいしさ
  • 北海道産ブランド肉やこだわりの北海道産食材
  • スープやトッピングなど自分好みの組み合わせが可能
  • Suageアプリでお得な特典やポイント制度あり

Suage池袋店のアクセス・営業時間

Suage池袋店は、東武百貨店 池袋本店12階のレストラン街スパイスにあります。エレベーターのすぐ近くで、目につきやすい場所です。

  • 【営業時間】11:00~22:00(LO 21:30)
  • 【定休日】不定休
  • 【住所】東京都豊島区西池袋1-1−25 東武百貨店12階レストラン街スパイス
  • 【電話】03-6907-0258
  • 【アクセス】池袋駅西口 直結
  • 【座席】48席
  • 【喫煙】禁煙
  • 【駐車場】東武百貨店にあり
  • 【駐輪場】東武百貨店にあり
  • 【Wi-Fi】あり
  • 【HP】食べログ 公式サイト

赤ちゃん連れの場合は、東武百貨店の授乳室とおむつ替え台が使えます。

>>関連記事:【池袋東武の授乳室】池袋西口で一番設備が充実!7Fと11Fの2か所あるよ

Suage池袋店のメニュー

Suage 池袋店 メニュー

スープカレー注文方法

1.ベースのスープカレーを選ぶ
2.スープの種類を選ぶ
3.辛さのレベルを選ぶ
4.ライスの量を選ぶ
5.お好みでトッピングを追加
6.お好みでドリンクを選ぶ

Suageのスープカレーはベースのスープカレーを選び、辛さやトッピングなど自分好みにカスタマイズができます。自分好みの味を見つけてみてください。

1.ベースのスープカレーを選ぶ

メニュー名価格具材詳細
パリパリ知床どりと野菜カレー1,380円知床鶏モモ、じゃがいも、ニンジン、かぼちゃ、ナス、水菜、ゆで卵、マイタケ、ピーマン
【数量限定】道産ポークの角煮カレー1,380円道産角煮、じゃがいも、ニンジン、かぼちゃ、ナス、水菜、ゆで卵、ヤングコーン
野菜たっぷりベジタブルカレー1,300円じゃがいも、ニンジン、かぼちゃ、ナス、水菜、ゆで卵、マイタケ、ピーマン、オクラ、ブロッコリー、レンコン、アボカド、ヤングコーン、ミニトマト
チキンレッグと野菜カレー1,200円揚げ or 煮込みチキンレッグ、じゃがいも、ニンジン、かぼちゃ、ナス、水菜、ゆで卵、オクラ、ブロッコリー
道産せせりの塩麴漬けカレー1,280円道産せせり、じゃがいも、ニンジン、かぼちゃ、なす、水菜、ゆで卵、オクラ、ブロッコリー
道産ザンギと野菜カレー1,300円自家製ザンギ、じゃがいも、人参、かぼちゃ、ナス、水菜、ゆで卵、レンコン、ピーマン
生ラム野菜カレー1,330円生ラム、じゃがいも、ニンジン、かぼちゃ、ナス、水菜、ゆで卵、オクラ、ブロッコリー、ヤングコーン
国産牛もつ野菜カレー1,380円国産牛もつ、じゃがいも、ニンジン、かぼちゃ、ナス、水菜、ゆで卵、オクラ、ブロッコリー
【数量限定】Suage Special1,980円知床鶏1本、角煮1枚、道産ソーセージ、厚切りベーコン、じゃがいも、人参、かぼちゃ、ナス、水菜、ゆで卵、ピーマン、オクラ、ブロッコリー、レンコン、ヤングコーン ※角煮が無くなり次第、別の肉と変わる可能性があります
【数量限定】マンスリーメニュー※月替わりのメニュー

2.スープの種類を選ぶ

Suageのココナッツスープを都内で体験できるのは、池袋店が初! ちなみに渋谷店は「イカ黒(イカスミスープ)、中目黒店と丸の内店は「エビ赤(エビスープ)」を提供しています。

  • Suageスープ(くせがないSuageの定番スープ
  • ココナッツ白(ココナッツを加えたマイルド白スープ)+150円
  • スープ大盛り +100円

3.辛さのレベルを選ぶ

  1. 甘口
  2. ピリ辛 ※市販のカレールーの中辛程度
  3. 中辛 ※お店のおすすめ
  4. 辛口
  5. 大辛
  6. 超辛

超辛でも物足りない方は7~10の辛さにもできます。ハラペーニョペースト入り+100円

4.ライスの量を選ぶ

北海道産銘柄「ななつぼし」に、赤米をプラス。赤米のヌカには赤色系色素タンニンが栄養素が多く含まれていて、白米よりもタンパク質やビタミンミネラルが豊富です。

  • 小ライス 150g
  • 中ライス 200g
  • 大ライス 300g +100円

5.お好みでトッピングを選ぶ

トッピングの種類が豊富! 好みの組み合わせにすることができます。一番人気は「チーズON THE RICE」だそうです。

トッピング価格
チーズON THE RICE100円
チーズIN THE SOUP100円
ブロッコリー盛り120円
キャベツ100円
ゆで卵(半切れ2個)100円
レンコン2枚100円
じゃがいも(インカのめざめ2個)120円
ニンジン2個120円
かぼちゃ2枚120円
ピーマン2個120円
オクラ3本120円
ヤングコーン3個120円
ナス3個150円
ミニトマト(半切れ)3個150円
アボカド2個150円
ひきわり納豆150円
揚げいももち150円
チキンレッグ1本(素揚げ)300円
厚切りベーコン1枚300円
ロングソーセージ1本300円
パリパリ知床鶏2本350円
塩麹漬けせせり5個350円
蝦夷マイタケ300円
道産ポークの角煮2枚400円
国産牛もつ100g400円
生ラム100g400円

6.お好みでドリンクを選ぶ

ラッシーはヨーグルトと牛乳をベースに仕上げた、オリジナルの味。珍しいラフランスラッシー(洋梨ラッシー)や、北海道名物のガラナドリンク、アルコールメニューもあります。

ラッシー
メニュー名価格メニュー名価格
プレーンラッシー300円ラフランスラッシー350円
ベリーラッシー350円マンスリーラッシー
ソフトドリンク
メニュー名価格メニュー名価格
ガラナ250円緑茶250円
コカコーラ250円黒烏龍茶300円
ジンジャーエール250円アップル250円
烏龍茶250円オレンジ250円
アルコール
メニュー名価格メニュー名価格
サッポロ黒ラベル(樽生)500円コーラハイボール450円
サッポロクラシック(缶)650円ジンジャーハイボール450円
ハイボール400円ガラナハイボール450円

Suage池袋店にランチしに行ってきた!

Suage 池袋店 入口

オープン当日、平日12時前のランチタイムにSuage池袋店に行ってきました!

東武百貨店12階、レストラン街スパイスにあります。エレベーターからおりてすぐ目の前にあったので、迷わずお店を見つけられました。

Suage池袋店の座席

Suage 池袋店 テーブル席

店内のテーブル席。4人卓と2人卓があります。

店内はベージュとダークブラウンを基調とした、シックでモダンな雰囲気。お店はガラス張りになっていて、明るく開放感があります。

Suage 池袋店 ボックス席

お店の中央には、4人卓のボックス席も。ソファでゆったりくつろげそうです。

12時ごろはそこまで混んでおらず、店内テーブル席は余裕がありました。

カウンター席

おひとり様用のカウンター席(7席)。この日はひとりで行ったので、カウンター席に案内されました。

写真は12時半ごろのもの。12時15分をすぎると店内は急に人が増え、12時半ごろにはほぼ満席になっていました。

Suage 池袋店 キッチン

カウンターからはオープンキッチンで調理している様子が見えます。スタッフのみなさんがテキパキと動いていて、注文も食事の提供もスムーズでした!

食事用の紙エプロンあり

Suage 池袋店 紙エプロン

各席には、食事用の紙エプロンが置かれています。スープカレーの飛びはねを気にせず食べられるのは、嬉しいですね。

うっかりついたカレーのシミって本当に落ちないので、エプロンのサービスは本当にありがたいです。

注文はアプリからも可能

Suage アプリでスープカレーを注文

注文は店内のメニューを見て店員さんに直接注文する方法と、Suage公式アプリから注文する方法があります。店内はSuageのフリーWi-Fiが使えますよ。(各座席にSSID/PASSの掲示あり)

私は事前にアプリをダウンロードし、アプリから注文してみました。席番号は店員さんに聞くと教えてくれます。

アプリから注文するメリット
  • トッピングなど注文時の伝え間違いを防げる
  • アプリ限定のクーポンが使える
  • アプリのスタンプカードにポイントがつく
  • アプリ内でクレカ決済が可能

アプリ会計の場合も、伝票は帰りにレジに渡す必要があります。伝票を渡すだけですぐにお店を出れるので、ラクチンでした!

Suage(すあげ)のスープカレー実食レポ

今回注文したのは、「パリパリ知床どりと野菜カレー(1,380円)」「ココナッツスープ(150円)」「プレーンラッシー(300円)」。辛さは中辛にしました。

プレーンラッシー

Suage ラッシー

注文後すぐに出てきたプレーンラッシー。ラッシーにスパイスが入っていて、インドカレー屋によくある甘いラッシーと少し異なり、甘さ控えめでスパイシーな味わい。

ピリリとしたスープカレーとよく合い、スープカレーの舌休めにちょうどよかったです。サッパリしたラッシーなので食事と一緒にゴクゴク飲めます。

パリパリ知床どりと野菜カレー

Suage パリパリ知床鶏と野菜カレー

注文後5~7分くらいで出てきたスープカレー。ランチタイムでしたが、思いのほか早い提供でした。仕事の合間の昼休みに行ったので、すぐに出てくるのはとってもありがたいです。

写真のライスは小サイズ。スープカレーがかなりボリュームがあったので、私は小ライスにして正解でした。

Suageのご飯は栄養豊富な赤米が混ざっていて、ほんのり赤い色がついています。ライスに添えられているレモンは味変用です。

Suage 池袋店 パリパリ知床鶏と野菜カレーココナッツスープ

どどーんと、具材がてんこもりの迫力あるビジュアルのSuageのスープカレー。具材の存在感がすごい…! 食欲をそそりますね。

「パリパリ知床どりと野菜カレー」には、知床鶏モモ、じゃがいも、ニンジン、かぼちゃ、ナス、水菜、ゆで卵、マイタケ、ピーマンが入っています。蝦夷マイタケは手のひら半分ほどの大きさがあり、スープをしみこませながら待機中。

オリジナルブレンドのスパイスや、ゴロゴロとした大きな具材を使ったスープカレーは食べごたえ抜群です。

スープカレーのおいしい食べ方

座席に貼ってあった、Suageのスープカレーのおいしい食べ方の例です。

  1. ライスを一口分スプーンにとる
  2. とったライスをスープカレーにひたして食べる
  3. レモンをライスにかけたり、スープにいれたり、味変を楽しむ
  4. 具材に刺さっている串は、テーブルの串入れに入れる

もちろんスープカレーの食べ方にルールはないので、好きなスタイルでOK! ライスにスープカレーをかけて食べる人や、ライスを一気にスープに投入して食べる人もいます。

Suage 池袋店 ご飯とスープカレー

まずはご飯を一口とって、スープにひたしていただきまーす! 東京では池袋店でしか食べられないという、ココナッツスープは要チェックです。

口に入れた瞬間、まろやかなココナッツの甘みが口に広がります。同時にスープの旨味やしっかりしたスパイシーさも感じることができ、口の中がエスニックなおいしさであふれて大変なことに。

ココナッツスープ、めちゃくちゃおいしい…! これだけでご飯が食べられそう。ご飯はほどよく硬めに炊かれているので、スープにひたしてもベチャベチャしません。

ちなみにスープにたくさん浮いている黒いものはバジルです。Suageの旨味の秘密のひとつですね。

スープは中辛にしましたが、まあまあ辛味があります。辛い物が全然ダメ!という人は

肉も野菜も北海道のおいしさがたっぷり

Suage パリパリ知床鶏と野菜カレーの具材

お肉も野菜も、大きめカットが食べごたえ抜群。北海道産の食材のおいしさを楽しむことができます。

具材は串に刺さっていて、串のままアツアツを頬張るのがおすすめ。注文を受けてから素揚げするため、揚げたておいしさを味わえます。

知床鶏は皮はパリッと香ばしく、中はやわらかくジューシー。ジューシーだけど脂っぽさや臭みがなく、とても食べやすかったです。

大きくカットされたじゃがいも・ニンジンもアツアツのほくほく! どちらもとっても甘かったです。じゃがいもは北海道の有名品種インカのめざめ。インカのめざめ大好きなので、スープカレーと一緒に食べられて嬉しかったです。

その他の野菜や蝦夷マイタケも、スープと相性抜群でとてもおいしかったです。マイタケはぷりっぷりで、旨味がたっぷりでした。

レモンで味変も楽しめる

Suage 味変レモン

後半は味変タイム! レモンをスープにたっぷり絞ってみました。ココナッツスープに酸味が加わり、これまた違ったおいしさ。甘み、辛味、酸味がどれも主張しすぎず、絶妙なおいしさでした。

ライスに添えられたレモンは、ぜひ味変に使ってみてください。

Suage(すあげ)のスープカレーの感想

最後はライスを全部スープの中に投入し、スープまで全部完食。ごちそうさまでした。お腹いっぱい~! スープカレー自体にかなりボリュームがあるので、私はライスは小サイズでちょうどよかったです。

Suageのスープカレー、野菜も肉もスープもギュッとおいしさが濃縮されていて、とてもおいしかったです。食材一つひとつの品質の良さを感じられます。

ボリュームたっぷりでお腹いっぱいになるけれど、野菜がたくさんなのでとってもヘルシー。栄養バランスも満点ですね。

スープは中辛とはいえまあまあ辛味があるので、辛い物がまったくダメ!という人は甘口かピリ辛を選ぶことをおすすめします。個人的には中辛がちょうどよかったです。

Suage(すあげ)の公式アプリがお得で便利

Suage公式アプリを利用すると、テイクアウト、デリバリー、イートインの注文から会計までがアプリでできます。アプリ限定のクーポンもあるので、Suageに行く際はダウンロードしておくと便利です。

1,000円ごとの注文で1ポイントもらえて、トッピングプレゼントやクーポンなどお得な特典があります。(スタンプ付与は1日1回まで、有効期限なし)

スタンプカードはレギュラ~ダイヤモンドまで6ステージがり、ランクが上がるとどんどん特典が豪華になっていきます。

iOS/Android各アプリストアで「Suage」で検索してみてください。

池袋のSuageで本場北海道のスープカレーを味わおう

Suage 池袋店 店内

札幌の創業時から、子供から大人まで好まれる追及し続けているSuage(すあげ)。そんなSuageのおいしいスープカレーが池袋でも気軽に食べられるようになってとても嬉しいです。

池袋は意外とスープカレー専門店が少ないので、Suageの登場は多くのスープカレーファンに喜ばれそうですね。

駅直結の池袋東武にあるSuageは、アクセスの良さも抜群。池袋に来た際は、ぜひSuageのスープカレーを味わってみてください。

ERIPO
豊島区在住
ERIPO

ほかのスープカレーメニューやトッピングも気になるので、また絶対食べに行きます!

 

池袋のオーガニックランチおすすめ11選!おしゃれなお店や子連れOKのお店も
池袋のオーガニックランチのお店11店舗を池袋エリア在住の筆者が紹介します! 池袋には、おいしくてヘルシーなオーガニックランチ(自然食)のお店が揃っています。おしゃれなお店から子連れで行けるお店まで、さまざまなお店がありますよ。ヘルシーランチはダイエット中にもおすすめです。
東京芸術劇場のレストラン・カフェ5店舗全部行ってみた!ランチ実食レポート
東京芸術劇場のレストラン・カフェと、テイクアウトのおにぎり屋・サンドイッチ屋について、実際に私が食べたランチレポートを交えながらご紹介します。また、東京芸術劇場のロビーで飲食が可能かどうかも解説しています。アルテアトロ、ビチェリン、ベルオーブ、吾ん田(おにぎり)、cafe de MOMO(サンドイッチ)
【南池袋公園のカフェ】ラシーヌ ファームトゥーパークが魅力的!Wi-Fi電源もあり
南池袋公園のカフェ「ラシーヌ ファームトゥーパーク(Racines FARM to PARK)」のアクセスや店舗情報、メニュー、店内の様子、Wi-Fiや電源情報、モーニングとランチを食べた感想を紹介します。店内でゆっくり食事をしたり、フードやお酒を手軽にテイクアウトしたりと、さまざまなシーンで活用できます。