豊島区を楽しむ!グルメ・おでかけ情報ブログ

上海富春小籠館が池袋西口に7月12日オープン!上海で人気の老舗中華料理店

池袋西口駅前に「上海富春小籠館 (シャンハイフーチュンシャオロン)」が2022年7月12日オープン予定です。

アクセスや店舗の場所、オープン最新情報を紹介します。

※感染拡大防止のため、営業状況が異なる場合があります。公式HP等で営業時間のご確認をお願いいたします。

上海富春小籠館は上海で人気の老舗中華料理店

上海富春小籠(シャンハイフーチュンシャオロン)は、上海の老舗ローカル中華料理店。

やや大ぶりで肉汁たっぷりの小籠包が看板メニューで、上海では地元民から観光客まで多くの人が訪れています。観光ガイド「地球の歩き方」にも掲載される人気店です。

上海の店舗にはクリントン夫妻の来訪写真が掲示されているそうで、人気の高さがうかがえます。

池袋東口の店舗 画像出典:食べログ

上海富春小籠の日本国内の店舗は、現在池袋のみ。2020年9月に池袋東口にオープンし、今回は2号店となります。

小籠包、フライドとんかつ、小ワンタンは、上海料理協会、観光業界飲食店分会などから、「上海有名スナック」の称号が与えられているそう。

ほかにも数々の賞を受賞してきた、上海で人気の絶品中華。池袋で気軽に食べることができるのは嬉しいですね!

池袋西口で上海富春小籠館がオープン準備中

池袋西口の上海富春小籠館は、現在オープン準備中。内装はほぼでき上っているようでした。

店員さんは中国人の方らしく、中国語が飛び交っていました。ガチ中華寄りな感じがします。

オープン日は2022年7月12日(火)。

人気メニューの熱々で肉汁たっぷりの小籠包は、すべて料理長の手作り。

日本国内の店舗は、岩手産の岩中豚肉を使用しています。しっかりした皮と、ほのかに甘味のあるあんの素朴な味わいが人気だそう。

画像出典:テイクアウト

テイクアウト情報サイトの情報によると、お店の名前は「上海富春小籠館 池袋西口2号店」のようです。

テイクアウトにも対応した、使い勝手の良いお店になりそうです。

上海富春小籠館 池袋西口2号店の場所

上海富春小籠館 池袋西口2号店は、池袋西口の劇場通り沿いにあります。東京芸術劇場のすぐそばです。

以前は中国人観光客向けに免税化粧品などを販売する「HEALTH&BEAUTY 優品奥菜 西池袋店」がありました。(その前は池袋西口整骨院)

中国ラーメン揚州商人と、ローソン西池袋店の間あたり。

池袋駅1b出口から徒歩1分、西口(中央)から徒歩4分という便利な場所です。

上海富春小籠館のメニュー

画像出典:テイクアウト

上海富春小籠館は、ワンタン、春巻などの点心類のほか、炒め物や麻婆豆腐、スープなど定番の中華料理がひと通り揃っています。

  • 富春豚肉まん 180円
  • 豚肉小籠包 4個 480円、6個 680円
  • 焼き餃子 4個 480円、6個 680円
  • 春巻 360円
  • チャーハン 780円
  • ワンタンスープ 680円 など

小籠包とご飯・麺がセットになった定食メニューもあり、お得にボリュームたっぷりのランチも楽しめます。

  • 小籠包と焼きそば 800円
  • 小籠包とチャーシュー麺 900円
  • 小籠包と辛味肉麺 900円
  • 小籠包とチャーハン 800円

※メニューは池袋東口の店舗のものです。池袋西口2号店は変更になる可能性があります。

上海富春小籠館 池袋西口2号店 アクセス・営業時間

  • 【営業時間】11時~23時
  • 【定休日】確認中
  • 【住所】東京都豊島区西池袋3-25-11 CICビル1F
  • 【電話】03‐6907-0199
  • 【アクセス】池袋駅西口(中央)徒歩4分/1b出口 徒歩1分
  • 【座席】確認中
  • 【喫煙】確認中
  • 【駐車場】なし
  • 【駐輪場】なし

※お店に駐輪場はありませんが、徒歩3分の西池袋公園に駐輪場があります(2時間無料)

ERIPO
ERIPO

本場上海で人気の小籠包、とってもおいしそうです。オープンしたらランチ定食を食べに行きたいと思います!