「無印良品 サンシャインシティアルパ」をレポート!12月15日池袋にオープンの大型店 | 【池袋情報】としまらいふ 豊島区情報ブログ
豊島区を楽しむ!グルメ・おでかけ情報ブログ

「無印良品 サンシャインシティアルパ」をレポート!12月15日池袋にオープンの大型店

「無印良品 サンシャインシティアルパ」をレポート!12月15日池袋にオープンの大型店

2022年12月15日「無印良品 サンシャインシティアルパ」がオープンしました。

ステージやディスプレイでさまざまな暮らしの情報を発信する、買い物がより楽しくなる工夫がいっぱいの店舗です。

この記事では「無印良品 サンシャインシティアルパ」のアクセスや店舗情報、店内の様子、品揃え、お店の特徴などを紹介します。

ERIPO
豊島区在住ERIPO

広報担当の方に店内を案内していただきました!

※感染拡大防止のため、営業状況が異なる場合があります。公式HP等で営業時間のご確認をお願いいたします。

「無印良品 サンシャインシティアルパ」は暮らしの情報を発信する店舗

2022年12月15日に池袋にオープンした「無印良品 サンシャインシティアルパ」。

売り場面積は約450坪あり、池袋では池袋西武(約510坪)に次ぐ大型店です。

「くらしの情報を発信します」をコンセプトにした店舗で、くらしの情報を伝える展示スペースや、独自の商品ディスプレイを設置。

良品計画本社がすぐ近くにあるという利便性をいかし、プロモーションやお店づくりにおけるトライアル的な取り組みを積極的に行う予定です。

  • 日用品や衣料品・雑貨・食品まで幅広い品揃え
  • キッズ・べビー服の取り扱いあり
  • おすすめポイントや商品背景を見える化
  • マネキンを使った豊富なディスプレイ
  • 独自の展示スペースでくらしの情報を発信

無印良品サンシャインシティアルパ 蒲生店長

蒲生店長「無印良品 サンシャインシティアルパは、無印良品の魅力やこだわり、商品の「ワケ」を知ることができるさまざまな仕掛けがある店舗です。

店舗で情報発信をすることで、お客様に無印良品のことをより深く知ってもらい、買い物が充実するきっかけになればいいなと思います。」

若者向けのショップが多いイメージのあるサンシャインシティですが、世代を問わずたくさんの人が訪れるお店にしたいとのこと。

今後は地域やサンシャインシティとの取り組みを検討中とのことで、今後の展開も楽しみですね。

蒲生店長「東池袋やサンシャインシティの魅力を底上げできるようなお店にしていきたいです。」

ちなみに店長の個人的なイチオシ商品を聞いたところ、カカオトリュフ(290円)がおすすめだそう。

濃厚でなめらかな口溶けが特徴のチョコレートで、特に塩キャラメル味がお気に入りとのことでした。

蒲生店長「疲れているときの息抜きや、寝る前のリラックスタイムについ食べちゃいます!」

冬限定カカオトリュフは、まとめ買いをする人も多い人気商品。味は4種類あるので、食べ比べて好みの味を見つけるのも楽しそうですね。

無印良品 サンシャインシティアルパ アクセス・営業時間

「無印良品 サンシャインシティアルパ」はサンシャインシティ1階、ATLAの向かいにあります。

以前はヴィレッジヴァンガードやキン肉マンショップなど、10店舗以上のお店が並んでいた場所です。

  • 【営業時間】10時~20時
    ※12月31日、1月1日は10時~18時まで
  • 【定休日】アルパの休館日に準ずる
  • 【住所】東京都豊島区東池袋3-1-3 ワールドインポートマートビル1階
  • 【電話】03-5927-9955
  • 【アクセス】
    JR池袋駅東口 徒歩8分
    有楽町線東池袋駅6、7番出口 徒歩3分
  • 【駐車場】サンシャインシティにあり
  • 【駐輪場】サンシャインシティにあり
  • 【HP】公式サイト

無印良品 サンシャインシティアルパ の取り扱い商品

紳士ウェア帽子・マフラー・手袋天然収納・その他収納
紳士インナーウェアメイクアップヘルス・ビューティー
紳士ホームウェア子供雑貨スキンケア
婦人ウェアキッズタオル
ONE-ALLベビーファイル
婦人インナーウェア婦人MUJI WALKER文房具
婦人ホームウェア寝具掃除・洗濯用品
紳士靴下カバーリングキッチン家電
婦人靴下インテリアグリーン(卓上タイプ)・ガーデン雑貨時計
ストッキング・レギンスラグ・クッション調味料
マイバッグ季節家電
ベルト照明レトルト
ハンカチ・財布壁に付けられる家具菓子
バッグキッチン用品・食器インスタント・茶葉
ポリプロピレン収納飲料
デスクトップ用品スリッパ冷凍食品

雑貨やコスメ、リビング、インテリアのほか、キッズ・ベビー、食品、冷凍食品、衣料など、かなり充実したラインナップです。

池袋には無印良品が4店舗あるので、西口で買い物するときはルミネ池袋、大型家具や家電をゆっくり見るときは池袋西武、食品やお惣菜はMUJIcom東池袋というように、便利に使い分けできそうですね。

くらしの情報を発信する展示スペース

無印良品 サンシャインシティアルパには、展示スペースとなるステージが2つあります。

見ているだけでもわくわくする展示で、買い物がより楽しくなりそうですね。

こちらは「500円以下~500円台」の商品を集めたコーナー。

最近は500円以下の商品を中心とした新業態店舗「無印良品 500」が三鷹にオープンし、話題になっていました。

品質の良い商品を手に取りやすい価格で提供している、無印良品ならではのラインナップが揃っています。

「無印良品はちょっと高い」というイメージを持つ人は少なくないかもしれません。

500円前後の価格で、こんなにいろいろなアイテムを買うことができるんですね。こうして見える化することで、気軽に手に取りやすくなりますね。

もうひとつのステージは、季節商品を特集。季節ごとに内容が入れ替わるそう。

今の時期は「MUJI Holiday」として、冬にぴったりな心も体もあたたまるギフトを紹介しています。

充実の品揃えを見やすいディスプレイで展開

暮らしの基本を支える日用品から、衣料品、食品まで幅広いアイテムを取り扱っている 無印良品 サンシャインシティアルパ。

では、おすすめ商品をコーナー化して見やすく展示しています。

こちらの背の高い一風変わったディスプレイ家具は、サンシャインシティアルパ専用に作ったものだそう。

季節ごとのおすすめ商品や話題の商品、ギフトにおすすめの商品が並び、無印良品のトレンドアイテムが一目瞭然なコーナーです。

つい手に取りたくなる、気になるアイテムが集まっています。

おすすめコーナーには、店舗スタッフによるおすすめポイントが書かれたPOPを掲出。

商品の特徴や使い方などが詳しくわかり、買い物の参考になります。

衣料品も、素材情報や商品の特徴、こだわりポイントをディスプレイ。「商品のワケ」をわかりやすく伝えています。

こちらは一見普通のジーンズですが、3つの工程を省き、地球に優しい加工しないブルーデニムを実現しています。

ボタンダウンシャツも、パーツごとのこだわりをわかりやすく展示。

世界で最も軽い天然繊維、カポックは実物の実を展示。

綿の約1/8の軽さで、空気を多く含むので軽くてとても暖かいのが特徴だそう。

こうした情報を知ることで、より無印良品のアイテムを身近に感じることができますね。

店内を見ていて思ったのが、マネキンがとっても多い!

店舗の広さをいかし、サンシャインシティアルパではマネキンを使ったディスプレイが多いそう。

利用シーンがイメージしやすくて、わかりやすいです。

衣料品は、レディース・メンズ・下着ともに売り場面積が広く、かなり充実しています。

キッズ・ベビーコーナーがあるのは、パパママには嬉しいですね。

必要なものは一通り揃う、掃除用品コーナー。

人気商品、シングルで4倍・ダブルで5倍巻きのトイレットペーパー。

充実の食品コーナー。

食品コーナーは、屋台のようなかわいらしい屋根のついたディスプレイが特徴です。

サンシャインシティアルパで初めて取り入れたディスプレイだそう。屋台を回るように、楽しい気分で買い物ができそうですね。

店舗スタッフが描いた、ディスプレイのPOPに描かれたイラストにも注目です。

実際の家族の食卓をイメージした、ダイニングのディスプレイも。

ちなみに無印良品 サンシャインシティアルパでは販売家具の展示はありませんが、配送はしてくれるそうです。

机やソファ、ベッドなど大型家具を見たいときは、池袋西武の無印良品か、無印良品 板橋南町22に行くのがよさそうです。

ドリンクはお茶・お酒・ジュース・水が一通り揃っています。冷蔵でチーズケーキとガトーショコラの販売もありました。

冷凍食品も充実のラインナップ。MUJIcom東池袋と同じくらいあるそうです。

本当になんでも揃うので、ついつい買いすぎてしまいそうです。

人気のレトルトカレーはギフトボックスの販売もあります。

スナック菓子やせんべい、ワッフルなど。

食器・カトラリー・キッチン用品など。

食器やキッチン用品の品揃えは、池袋西武のほうが多いかもしれません。

防災用品や収納コーナー。

バスケット、プラかご、ステンレスかごなど、さまざまな収納ボックス。

文房具はそこまで売り場面積が大きいわけではありませんが、一通り必要なものはなんでも買えそうです。

寝具・リビング用品のコーナー。

寝具やパジャマなど、利用シーンのイメージがわきやすい展示。

季節柄、あたたかい素材のものが揃っていました。

メイク用品・ケア用品・タオルのコーナー。

化粧水などスキンケア用品がかなり充実していました。メイク用品も一通りすべて揃っています。

旅行用品コーナーも、マネキンとトランクを使ったディスプレイでわかりやすく見える化。

無印良品で揃う旅行の必需品が一目瞭然です。

無印良品の多くの店舗で展開している給水機。マイボトルを持参すると無料で水を給水できる、エコな給水スタンドです。

セルフサービスのコーヒー販売

無印良品 サンシャインシティアルパでは、セルフサービスのコーヒー販売があります。

HOTが100円、ICEが200円とお手頃価格なのが嬉しいですね。

カフェインレスタイプもあるので、カフェインを控えたい人でも飲むことができます。

レジはセルフレジと有人レジ

レジはセルフレジがメインで、一部有人レジもあります。

支払方法は以下に対応しています。

  • 現金
  • クレジットカード
  • 電子マネー(交通系カードなど)
  • MUJI Passport Pay
PayPayなど他社のQR・バーコード決済は有人レジのみ対応しています。詳しくは店舗までお問い合わせください。

「無印良品 サンシャインシティアルパ」で買い物がより楽しく便利に

トレンドやおすすめ情報をお店から発信し、「無印良品の今」がわかる無印良品 サンシャインシティアルパ。

これまで知らなかった商品に出会ったり、新しい使い方を知ったりと、無印良品での買い物がより楽しくなりそうだと思いました。

食品から雑貨・日用品・服・リビングまで幅広い品揃えの店舗なので、探しているアイテムがなんでも見つかりそうです。

買い物や遊びなどでサンシャインシティに訪れた際は、「無印良品 サンシャインシティアルパ」を覗いてみてはいかがでしょうか。

 

要町「無印良品 板橋南町22」をレポート!関東最大級の路面店がハタスポーツ跡地にオープン
要町「無印良品 板橋南町22」のアクセスや店舗情報、店内の様子、品揃え、お店の特徴などを詳しく紹介します。普段使いする日用品や衣料品・食品のサービスを充実させ、地域と連携した取り組みやエコな量り売りを実施しています。
【実食レポ】無印良品にハンバーガーが初登場!板橋南町22 MUJI Kitchenで販売中
無印良品初のハンバーガーを食べてきました!「無印良品 板橋南町22」でしか食べることができない限定てりやきバーガー実食レポ。
「無印良品500 アトレヴィ巣鴨」が1月27日オープン!500円以下を集めた日用品店
「無印良品500 アトレヴィ巣鴨」が2023年1月27日(金)にオープンしました。「無印良品500 アトレヴィ巣鴨」のアクセスや店舗情報、店内の様子、品揃え、お店の特徴などを紹介します。500円以下の商品を中心に、暮らしを支える日用品・消耗品を揃えた新しい店舗です。