豊島区を楽しむ!グルメ・おでかけ情報ブログ

【実食レポ】無印良品にハンバーガーが初登場!板橋南町22 MUJI Kitchenで販売中

無印良品初のハンバーガー実食レポ!板橋南町22 MUJI Kitchenで販売中

2022年11月17日にオープンした、関東最大級の「無印良品 板橋南町22」。

さまざまな新しい試みをしているこちらの店舗では、店内でハンバーガーを食べることができます。

無印良品でハンバーガーを発売するのは、今回が初めてだそう。

この記事では、「無印良品 板橋南町22」で買えるハンバーガーをレポートします。

ERIPO
豊島区在住ERIPO

いい意味で、思っていたのとちょっと違いました!笑

※感染拡大防止のため、営業状況が異なる場合があります。公式HP等で営業時間のご確認をお願いいたします。

ハンバーガーは「無印良品 板橋南町22」限定メニュー

無印良品 板橋南町22

2022年11月17日にオープンした「無印良品 板橋南町22」。

有楽町線・副都心線の要町駅から徒歩10分の場所にある、関東最大級の路面店です。

お店の特徴や各売り場の様子は、以下の記事で詳しく紹介しています。

>>関連記事:要町「無印良品 板橋南町22」をレポート!

無印良品初のハンバーガーは、2階フロアの奥にある「MUJI Kitchen(ムジキッチン)」で販売しています。

店内調理のお弁当屋お惣菜を販売する MUJI Kitchen。

現在は「MUJIcom東池袋」と「板橋南町22」の2店舗にあります。

野菜をたくさん使った、栄養バランスが良い「手ごねハンバーグ弁当」850円。

お弁当もとてもおいしそうですね。

手ごねハンバーグを使用した、てりやきバーガー。メニューは以下の3種類です。

メニュー
  1. てりやきバーガー 780円
  2. てりやきバーガー+選べるデリ+ドリンク 1,050円
  3. てりやきバーガー+選べるデリ+ビール 1,550円

デリは MUJI Kitchenで販売しているものから、好きなものを選べます。(ハンバーグのみ対象外)

野菜系からお肉系、おつまみにぴったりな揚げ物など、さまざまなデリが並びます。

要町で仕出し・弁当販売を行う「アホウドリ」監修のメニューも。

高知県のソウルフード「芋天」をヒントに、東京産のバターナッツカボチャを天ぷらに仕上げています。

ドリンクは、カウンターで販売している商品から好きなものを選択。

みかんジュース、りんごジュース、ぶどうソーダ、ジンジャーエール、ミルクティー、ジャスミン茶、マスカット&ルイボスがありました。

ビールセットの場合は、「板橋22 IPA」または「板橋22 エール」のSサイズから選ぶことができます。

2つのクラフトビール醸造所が1種類ずつ、板橋南町22のために醸造したものだそう。ここでしか味わえないビールです。

てりやきバーガーを単品で注文しました! イートイン・テイクアウトどちらも対応しています。

オープン時はMUJI Kitchenのレジが使えず、会計用のバーコード持って少し離れたセルフレジで会計する流れでした。

(今後はMUJI Kitchenで会計できるようになる予定)

呼び出しベルを持ち、ハンバーガーができあがるのを待ちます。

無印良品でハンバーガーを待つのは、なんだか不思議な感じです。笑

店内または外のテラスでイートイン可能

「無印良品 板橋南町22」は、店内に20席ほどのイートインスペースがあります。

MUJI Kitchen で買ったお弁当やハンバーガーを食べたり、クラフトビールを飲んだりと、思い思いの時間を過ごすことができます。

イートインスペースでは、1杯100円(税込)でコーヒーを飲むことができます。

コロンビアとホンジュラスの有機アラビカ豆を使った、オーガニックコーヒーです。

種類は、通常のコーヒーとカフェインレスの2種類。

飲食のゴミを捨てる、ゴミ箱。

こちらはテラス席。40席ほどある、とても広々とした空間です。

日当たりがよく、子供から大人までみんなでくつろぐことができます。

緑が豊かで、気持ちのよいテラス。

今回、こちらのテラス席でハンバーガーをいただきました。

無印良品初のハンバーガー 実食レポ

袋に包まれた状態でもわかる、ボリューム感。ゴロンと重量があります。

ハンバーガーを注文した時たまに思う「あれ?写真で見たよりも小さい?」ということはありません。

トマトがドーン! 肉がデーン!!! 想像以上の迫力に、ちょっとびっくり。

この挟まりきっていないトマトの豪快さが、よりボリューム感を増しています。

無印良品のハンバーガーって、もっと素朴で可愛らしい(?)感じを想像していました。笑

肉厚なボリュームたっぷりのハンバーグ。2cm以上厚みがあり、存在感がすごいです。

いい意味で想像が裏切られました。

これはガッツリ食べごたえがあるハンバーガーです。

トマトの上には、アボカドのワカモレがたっぷり。

具材は、ワカモレ・トマト・マヨネーズ・ハンバーグ・オニオン。そして、したたるほどたっぷりの照り焼きソース。

ボリュームたっぷりの具材を挟むにはやや頼りなかったももの、バンズはやわらかくフワフワでおいしかったです。

店内調理の手ごねハンバーグは、ふわっとやわらかい食感。

お肉がギュッと凝縮されていて、肉肉しくてボリュームたっぷり!

肉汁の量が適度でギトギト感がないので、照り焼きソースといっしょに食べるのにちょうどよかったです。

無印良品のハンバーガーで新しい無印を体験できそう

無印良品で初めてとなる、板橋南町22 限定のハンバーガー。

作り立てのおいしいハンバーガーを店内で食べるという、新しい体験ができました。

1個780円という決して安くはない価格ですが、ボリューム感と食材の品質を考えると納得かなと思います。

「無印良品 板橋南町22」で買い物をした際は、ここでしか味わえないハンバーガーを試してみてはいかがでしょうか。

「無印良品 板橋南町22」アクセス・営業時間

  • 【営業時間】10:00~20:00
  • 【定休日】なし
  • 【住所】東京都板橋区南町22-4
  • 【電話】03-6909-4511
  • 【アクセス】
    有楽町線・副都心線 要町駅 3番出口 徒歩10分
    東武東上線 大山駅 東口 徒歩16分
    国際興業バス「南町庚申通り」下車すぐ
  • 【駐車場】あり(226台)
  • 【駐輪場】あり(545台)
  • 【HP】公式サイト

 

【無印良品】MUJIcom東池袋をレポート!お弁当や惣菜販売ありの地域密着型店舗
無印良品「MUJIcom 東池袋」のアクセスや店舗情報、店内の様子、品揃え、お弁当や食品のラインナップ、店の特徴などを詳しく紹介します。MUJI KItchenでは日替わり弁当とお惣菜を提供しています。
「無印良品 サンシャインシティアルパ」が2022年12月15日オープン!池袋で4店舗目の無印
2022年12月15日(木)「無印良品 サンシャインシティアルパ」がオープン予定です。 現在営業中の店舗では、池袋で4店舗目となる無印良品です。 サンシャインシティの無印良品アクセスや店舗の場所、オープン最新情報を紹介し...