豊島区を楽しむ!グルメ・おでかけ情報ブログ

要町「麺屋ととのう。」実食レポ!ラーメン屋でロウリュ!?11/7オープンのたんめん専門店

「麵屋ととのう。」に行ってきた!要町に11月7日オープンのタンメン専門店

要町に「麺屋ととのう。」が2022年11月7日にオープンしました。

野菜と豚の旨味がたっぷりの特製たんめんを「汁あり」と「汁なし」で提供する、たんめん専門店です。

この記事では、要町「麺屋ととのう。」のアクセスや店舗情報、メニュー、店内の様子、実際にたんめんを食べた感想を紹介します。

ERIPO
豊島区在住ERIPO

焼き石でロウリュするシメの「おじや」に注目!

※感染拡大防止のため、営業状況が異なる場合があります。公式HP等で営業時間のご確認をお願いいたします。

麵屋ととのう。は旨味たっぷりのたんめん専門店

麺屋ととのう。看板

要町「麺屋ととのう。」は、豚と野菜の旨みたっぷりの特製たんめん専門店。

麺メニューは「オリジナルたんめん」「汁なしまぜたんめん」の2種類という、たんめん専門店です。

店名はサウナ用語の「ととのう」がコンセプトで、満足できる味・接客・空間を提供し、お客様に気持ちよくととのってもらうことを目指しているそう。

サウナのように焼き石を投入する「ロウリュおじや」など、ユニークなメニューにも注目です。

麵屋ととのう。アクセス・営業時間

「麺屋ととのう。」の場所は、要町駅5番出口の目の前。2022年6月に閉店したペダルチキン跡地です。

  • 【営業時間】
    昼 11:00~15:00 (L.O 14:30)
    夜 17:00~22:00 (L.O 21:30)
  • 【定休日】日曜・不定休
  • 【住所】東京都豊島区池袋3-3-2 要町SFB 1F
  • 【アクセス】
    副都心線・有楽町線 要町駅 5番出口 目の前
    JR地下鉄 池袋駅 西口 C1出口 徒歩8分
  • 【座席】8席
  • 【喫煙】禁煙
  • 【駐車場】なし
  • 【駐輪場】なし
  • 【HP】Instagram

お店に駐輪場はありませんが、要町駅前には公共駐輪場が数か所あります。(2時間まで無料)

麺屋ととのう。に行ってきた

たんめん専門店 麵屋ととのう。外観

遅めのランチタイムに「麺屋ととのう。」に行ってきました!

シックな外観が目立っています。グレーの壁にシンプルな暖簾(のれん)がかっこいいです。

麺屋ととのう 券売機メニュー

お店に入ってすぐ目の前にある食券機。支払いは現金のみでした。

オープン初日は「特製たんめん」「特製たんめんおじやセット」のみの提供でした。(汁なしは提供なし)

食券購入から注文までの流れは以下の通り。

  1. 食券を購入
  2. 店員さんに辛さの希望を1~5段階で聞かれる
  3. 店員さんが食券に辛さの希望を記入
  4. 好きな座席に座る
  5. カウンター内の店員さんに食券を渡す

ちなみに辛さは「3」が普通で、3を選ぶ人が多いとのこと。私は3にしました。

店内はオシャレな山小屋のような、ウッディな雰囲気。

木目調の美しい壁と暖色の照明で、温かみがあります。

麺屋ととのう。店内

座席はカウンター席が8席。水は各席にあり、セルフで注ぎます。

椅子が座ると深く沈み込むタイプで、座り心地がよかったです。

壁にはコート掛けがあります。

机の下の荷物棚には、各席にボックスティッシュが置いてありました。

卓上調味料は、シンプルにペッパーのみ。

私が平日14時半過ぎに訪問したときは、遅めのランチタイムということもあり比較的空いていました。

それでも次々にお客さんが入れ替わり、店内は常に4組程度お客さんがいる状態。

通りすがりに足を止めてお店に入る人が多く、初日から賑わっていました。

カウンターの中央は厨房になっていて、調理している様子がよく見えます。

厨房にはオーナーと店長の2人が立っていました。オーナーにお話を伺ったところ、やはり店名通りサウナ好きとのこと。

これまでは「たんめん専門」というわけではなく、各地でさまざまなラーメンに携わってきたそう。

サウナのように心と体が「ととのう」お店を目指して、野菜と豚肉のシンプルなおいしさが楽しめる、たんめん専門店「麺屋ととのう。」を開業したそうです。

麺屋ととのう。のメニュー

たんめん専門店なので、麺メニューはたんめんのみ。汁あり、汁なし、おじやセットを提供しています。

辛さは1〜5まで選べます。3が普通だそうです。(価格は税込み)

たんめん

  • 特製たんめん 980円
  • 限定特製たんめん 1,180円
  • 特製たんめんおじやセット 1,180円
  • 汁なしたんめん(追い飯付き) 1,280円
  • 限定汁なしたんめん(追い飯付き) 1,280円

トッピング

  • チャーシュー 250円
  • 味玉 150円
  • 野菜増し 150円
  • 肉増し 150円
  • ほうれん草 100円
  • 魚粉 100円
  • ニンニク増し 100円

替え玉・ライス

  • 替え玉 150円
  • 特製ととのう飯 550円
  • ライス 150円
  • ととのう。TKG 350円

ドリンク

  • コーラ 200円
  • サイダー 200円

麺屋ととのう。特製たんめん実食レポ

麵屋ととのう。特製たんめん

特製たんめんおじやセット(1,180円)を辛さ「3」で注文しました!

1~5段階の辛さによって、中央の辛味調味料(コチュジャン?)の量が変わります。

できたて熱々の特製たんめん。オリジナルのロゴ入りどんぶりがカッコイイ。

たんめんはラーメンのように具とスープを別々で作るのではなく、野菜と豚肉を炒めた鍋にスープを入れて、具材とスープを一緒に煮込むそう。

豚と野菜の旨味がたっぷり溶け込んだスープが特徴です。

熱々でとにかく湯気がすごい……! 食欲が掻き立てられますね。

どんぶりは背が高く、底に向かってシュッと細くなる形をしています。

適度な凹凸があって手にフィットして持ちやすいです。

キャベツやニラなど、野菜がたっぷり! 野菜と豚肉の組み合わせは、栄養バランスもばっちり。

そういえば、たんめん専門店って意外と見ないですよね。シンプルなたんめんを食べる機会はあまりないので、新鮮です。

野菜と豚肉の旨味に、ニンニクのパンチがしっかり効いた絶品スープ。

味が濃すぎず、いつまでも飲んでいたくなる優しい味わい。

優しい味わいのスープには、細麺がよく合います。スープと一緒に、スルスルと食べることができます。

熱々のスープに負けない、ほどよい歯ごたえのある茹で加減が嬉しい。

やわらかく、適度なジューシー感がたまらない豚肉。

豚肉は、房総オリヴィアポークを使用しているそう。千葉県内で自家生育した母豚から生まれた、高品質な豚肉です。

たんめんの中央に添えられていた、辛味調味料を混ぜてみました。

ほどよいピリ辛とコクが加わり、また違ったおいしさに。たんめんや野菜によく合います。

私は辛さ3で、ちょっとピリ辛程度の辛さでした。もっと入れてよかったかも?

辛いものが好きな人は、辛さ4、5でもいけると思います。

新感覚!焼き石を投入する「ロウリュおじや」

ひとしきりたんめんを楽しんだら、シメは「ロウリュおじや」の登場です。

店内のあちこちに「おじやセット」のおいしい食べた方が掲示されています。

一 特製たんめんお召し上がりの後、残ったスープにセットのご飯を入れます。

二 カウンターテーブルに置いて頂きましたら、焼き石を投入し「ロウリュ」します。

三 セットの玉子、ばら海苔を入れ、軽くかき混ぜ、お好みの状態になりましたらお召し上がり下さい。
※焼き石はお皿に取り除いて下さい

麵屋ととのう。ロウリュおじや

残ったスープにご飯を入れて、どんぶりをカウンターにのせます。

店員さんが熱々の焼き石をどんぶりの中にドボン!

本当に石が投入されました。笑

なかなか見ない光景でとっても面白いです。これはテンション上がりますね!

ブワーッと焼き石から湯気が上がり、どんぶりがプチサウナ状態に!?


熱々の焼き石で、グツグツと煮立つおじや。

すごい勢いで煮立っていて、焼き石の熱さが伝わってきます。めちゃくちゃ熱そうですね。

麵屋ととのう。特製たんめんおじやセット

おじやセットのばら海苔と生卵を投入します。

麵屋ととのう。特製たんめん おじや

先ほどのロウリュに興奮しすぎて、うっかり卵を溶かし忘れてしまいました……。

それでも焼き石の熱さで卵に火が通り、十分おいしかったのでOK!

焼き石は、おじやが好みの状態になったら取り出します。

入れたまま食べることもできますが、かなり熱かったので私は取り出してから食べました。

旨味のたくさん溶け込んだスープに、海苔の香ばしさと、卵のまろやかさが加わって、ものすごく味わい深いおじやが完成しました。

体にしみわたる、おいしさが詰まったおじや。これはととのいそう……!

スープのおいしさを「ロウリュおじや」で味わいつくし、完食! ごちそうさまでした。

「今日も元気にととのって参りましょう。」

食後のどんぶりの底に書かれたメッセージが嬉しいですね。

「麺屋ととのう。」で、おいしく楽しく心地よく、ととのう!

おいしい熱々たんめんに、熱々のロウリュおじや。夢中になって食べていたら、いい感じに汗びっしょりに。

まさに食べるサウナといった満足感と爽快感。体に優しい栄養たっぷりのたんめんで、心も体も元気になりそうです。

「麺屋ととのう。」は、おいしいだけではなく、これまでにない新しい体験もできる面白いお店でした。

おいしく楽しく心地よく「ととのう。」体験がしたい方は、ぜひ訪れてみてください。

 

「にしき之中華ソバ」が池袋西口に12月オープン予定!麺堂にしきの系列店が池袋に登場
「麺堂にしき」が池袋西口にオープン予定です。場所やアクセスなどオープン情報を紹介します。
こいけのいえけい 実食レポ!巣鴨にオープンしたミシュラン掲載店系列の家系ラーメン
巣鴨「こいけのいえけい」のアクセスや店舗情報、メニュー、店内の様子、家系ラーメンを食べた感想を紹介します。ミシュラン掲載の人気ラーメングループ「小池系列」のお店です。
巣鴨「らーめん鴨&葱」実食レポ!人気ラーメン店「鴨to葱」の姉妹店がオープン
巣鴨「らーめん鴨&葱(かもとねぎ)」のアクセスや店舗情報、メニュー、店内の様子、実際にラーメンと親子丼を食べた感想を紹介します。御徒町「鴨to葱」の姉妹店です。
グルメ
この記事を書いた人
ERIPO

としまらいふ管理人。豊島区民歴10年。豊島区在住の豊島区大好きなワーママ。西池袋、南池袋、雑司が谷、目白、椎名町あたりによくいます。

としまらいふ 池袋・豊島区情報ブログ