豊島区を楽しむ!グルメ・おでかけ情報ブログ

巣鴨「菓子の店 松よし」に行ってきた!60年以上続く昔なつかしの駄菓子屋

巣鴨 松よしで買った駄菓子

「菓子の店 松よし」は、巣鴨駅近くにある昔ながらの駄菓子屋さん。

東京にこんなお店が残っていたんだ!と嬉しくなる、いつまでも残ってほしいお店です。

ここでは「菓子の店 松よし」のアクセスや店舗情報、店内の様子、実際に行ってきた感想を紹介します。

巣鴨「菓子の店 松よし」は昔ながらの駄菓子屋さん

巣鴨 駄菓子屋 松よし

巣鴨の「菓子の店 松よし」は、昭和30年代から続く老舗の駄菓子屋さん。

子供のころにタイムスリップしたような、昔ながらの駄菓子屋の雰囲気を楽しめます。

小銭を握りしめて、今日はどんなお菓子を買おうか、どんな組み合わせにしようか、頭を悩ませていたあの頃。

そんな懐かしい気持ちがよみがえってくる駄菓子屋です。

菓子の店 松よしのアクセス・営業時間

  • 【営業時間】15時~19時
  • 【定休日】日・祝日・不定休
  • 【住所】東京都豊島区巣鴨2丁目9−28
  • 【アクセス】JR 巣鴨駅北口 徒歩3分、都営三田線 巣鴨駅 A4出口 徒歩2分
  • 【駐車場】なし
  • 【駐輪場】なし

菓子の店 松よしの行き方

菓子の店 松よし 行き方

JR巣鴨駅からの行き方を紹介します。北口から徒歩3分です。

  1. 巣鴨駅北口「正面口」を出たら右へ
  2. 白山通りをまっすぐ進む
  3. 駅前商店街のラーメン屋「Number.6」と「銀だこ酒場」の間の道に入る
  4. そのまま真っすぐ進む。焼き鳥「鳥晶」の隣にあります。

菓子の店 松よしに行ってきた!昭和感あふれる店内

巣鴨「菓子の店 松よし」に行ってきた!60年以上続く昔懐かしの駄菓子屋

巣鴨駅近く、白山通りから一本路地に入った場所にある「菓子の店 松よし」。

コカ・コーラの看板の昭和な雰囲気がたまりません。

菓子の店 松よし 営業中

店主さん手作りによる、「営業中」の張り紙。

キャベツ太郎の大袋が掲示されていて、「菓子の店」な感じが出ています。

巣鴨 菓子の店 松よし 店内

店内も懐かしい駄菓子屋の雰囲気! 店主の女将さんは、今が二代目だそう。

60年以上ここで営業していて、昔は駄菓子ではなくパン販売がメインだったとか。

すぐ近くの本郷高校の学生が、よくパンを買い求めていたそう。

駄菓子 巣鴨 松よし

だんだん駄菓子を買う子供が増えてきて、次第に駄菓子メインのお店になったとのことでした。

お店のすぐ近くに小学校・中学校・高校があり、よく子供が買いにくるそうです。

お店の開店時間も、下校時刻に合わせた15時開店となっています。

駄菓子はコンビニや催事イベントで販売されることもあるけれど、けっこう割高ですよね。

松よしは、子供がお小遣いで気軽に買える20円~40円で駄菓子を販売しています。

巣鴨 菓子の店 松よし 駄菓子

見た目も味わいもレトロな駄菓子は、見ているだけでノスタルジックな気持ちになれます。

子供時代を思い出しながら、好きだった駄菓子をあれこれ選ぶのがとっても楽しい!

巣鴨 菓子の店 松よし 壁一面のおもちゃ

松よしの商品は、駄菓子とおもちゃのみ。

駄菓子と同じくらい、おもちゃが豊富でびっくりしました。しかも1個70円~80円…!

巣鴨 松よし おもちゃ

これは、昭和に大ヒットしたモーラー!?

幼少期にCMで見かけて、くねくね動く姿に衝撃を受けた記憶がよみがえります。

巣鴨 菓子の店 アクセサリーのおもちゃ

昔駄菓子屋や文房具屋でよく見かけた、女の子向けのファンシーアクセサリー。これは娘が喜びそう。

今度は子供も連れて行きたいと思います。

巣鴨 菓子の店 松よし おもちゃ

「こういう、なんてことないおもちゃも、最近の子には物珍しいでしょうね」と女将さん。

子供が喜びそうな、気になるおもちゃばかり。普通に大人も懐かしくてとても楽しめます。

巣鴨 菓子の店 松よし 男の子向けのおもちゃ

70円は安すぎません? 100均より安いなんて……!

見ているだけで懐かしさにテンションが上がる、「菓子の店 松よし」の店内。

昭和世代には懐かしく、最近の子供たちにとっては新鮮な昔ながらの駄菓子屋は、今ではかなり貴重な存在です。

女将さんは、決して無理はせず、これからも元気にお店を守り続けてほしいなと思いました。

菓子の店 松よしで買ったもの

巣鴨 松よしで買った駄菓子

駄菓子と、娘が喜びそうなアクセサリーを買いました。これだけ買って300円!

ダイヤモンド指輪キャンディ

この指輪型のダイヤモンドリングキャンディ、私が5、6歳ごろに食べていた記憶があります。

ものすごーく久しぶりに見つけて、嬉しくなりました。コンビニや催事の駄菓子コーナーでも、このキャンディはあまり見かけません。

そんな懐かしい発見があるのも、「お菓子の店 松よし」ならではですね。

菓子の店 松よしで懐かしさにひたりながら癒やされよう

巣鴨 松よし 店内の掲示

昔も今も、子供たちにワクワクと夢を与え続けている「菓子の店 松よし」。

店内に飾られた、女将さん手作りの「お菓子は心をいやす必需品!」の言葉が心に残りました。

まさにその通りで、松よしは行くだけで癒やされる、まさにパワースポットのようなお店……!

そんな心癒やされる駄菓子屋は、これからも守っていきたい日本文化のひとつだと思いました。

巣鴨に行く際は、あの頃の思い出とともに、「菓子の店 松よし」で駄菓子を味わってみませんか。

 

池袋東武「昭和レトロな世界展」をレポート!懐かしの給食を食べてきた
2022年5月18日(水)から24日(火)まで、池袋東武で「昭和レトロな世界展」が開催中です。 オープン初日に行って、給食メニューを食べたり、駄菓子やパンを買ったり、懐かしの昭和を楽しんできました。 「昭和レトロな世界展...
タカセ巣鴨店のベーカリー・カフェに子連れで行ってきた!パンとドリンクをイートインできるよ
タカセ巣鴨店の2階にはイートインカフェがあり、1階ベーカリーのパンやドリンクをゆっくり味わうことができますよ。ここでは、巣鴨タカセ2階のカフェ・イートインの様子やドリンクメニュー、子供と一緒にタカセのカフェに行った感想をご紹介します。