豊島区を楽しむ!グルメ・おでかけ情報ブログ

【雑司が谷】鬼子母神 盆踊りに行ってきた!2022年は7/22(金) 23(土)に開催・屋台もあり

雑司が谷 鬼子母神 盆踊りに行ってきた

雑司ヶ谷鬼子母神堂の「盆踊り」は、毎年恒例の夏イベント。

感染拡大防止のために近年は中止が続いていましたが、2022年は3年ぶりに盆踊りを開催します。

ここでは「雑司ヶ谷 鬼子母神 盆踊り」の開催日や時間、アクセス、実際の会場や屋台の様子を紹介します。

ERIPO
豊島区在住ERIPO

2022年7月22日(金)に3歳の子供と行ってきました!

鬼子母神 盆踊り 2022年の開催日

鬼子母神 2022年 盆踊り案内

鬼子母神の盆踊りは、2022年7月22日(金)、23日(土)に開催されます。

2022年は縁日のみ24日(日)まで延長が決定しました。

大人も子供もみんなで楽しめる鬼子母神の盆踊り

雑司が谷 鬼子母神 盆踊り

ノスタルジックな赤い提灯が並ぶ境内。非日常感がたまりません。

鬼子母神 盆踊り 会場の様子

盆踊りのスタートは19時ですが、18時半ごろには結構な人が集まっています。

縁日の屋台もにぎわっていて、会場はすっかりお祭りムード。

鬼子母神 盆踊り 和太鼓

和太鼓の迫力ある演奏にも注目!

鬼子母神 盆踊り やぐら

盆踊りがスタートすると、浴衣姿の人が多くなってきました。

炭坑節や東京音頭といった、おなじみの曲に合わせてみんなで盆踊り。

アンパンマン音頭やオバQ音頭といった子供向けの曲も流れるので、子供も一緒に楽しめます。

鬼子母神 盆踊り やぐら周辺

普段は閑静な鬼子母神堂の雰囲気がガラリと変わり、活気と熱気に包まれます。

盆踊りはご先祖様をもてなすという本来の意味のほかに、地域交流の要素もあわせ持っています。

盆踊りを通じて一体感が生まれる様子は、見ているだけでも楽しいです。

鬼子母神の盆踊りは縁日・屋台もたくさん

鬼子母神 盆踊り 屋台

夏市ほどではないですが、屋台もたくさん出ていました。

鬼子母神 盆踊り 縁日

屋台は夏市よりも飲食系がメイン。焼きそば、たこ焼き、ポテト、唐揚げ、かき氷など、定番の屋台メニューが並びます。

金魚すくいやヨーヨーすくい、クジ引きなどもありましたが、おもちゃ系・スイーツ系は夏市より少ない印象でした。

鬼子母神 盆踊り ラムネとお酒

ジュースやラムネ、お酒も冷えた状態で販売しています。

(ペットボトルは300円するので、鬼子母神堂の近くにある自販機で買っておくといいかも)

鬼子母神 盆踊り チョコバナナを食べる子供

チョコバナナを食べる娘。娘は恥ずかしがって盆踊りは見ているだけでした。

鬼子母神 盆踊り 飲食スペース

夏市にはなかった飲食スペースもありました。テーブルと椅子があるのはありがたいですね。

会場内にはゴミ袋がたくさん設置されていたので、ゴミの処理には困りません。

鬼子母神 盆踊り 開催概要

  • 【場所】雑司ヶ谷 鬼子母神堂
  • 【期間】2022年7月22日(金)、23日(土)
  • 【時間】19時~21時ごろ
  • 【住所】東京都豊島区雑司が谷3-15-20
  • 【アクセス】
    JR各線 池袋駅 東口 徒歩13分
    JR目白駅 徒歩10分
    副都心線 雑司ヶ谷駅 1番出口 徒歩5分
  • 【駐車場】なし
  • 【駐輪場】西参道側に臨時駐輪場あり
  • 【屋台】あり
  • 【HP】鬼子母神堂 公式サイト

駐輪場は西参道側に臨時駐輪場があります。

鬼子母神 みみずく公園のトイレ

トイレは鬼子母神堂に隣接する「みみずく公園」にあります。(多目的トイレにおむつ替え台あり)

 

雑司が谷のうなぎ「江戸一」に行ってきた!昭和45年創業のフワトロ絶品うな重
雑司が谷のうなぎ屋「江戸一(えどいち)」のアクセスや店舗情報、メニュー、店内の様子、実際に行ってきた感想を紹介します。住宅街にある老舗鰻屋です。