中華蕎麦ジンベエに行ってきた!西巣鴨に煮干しラーメン専門店がオープン | 【池袋情報】としまらいふ 豊島区情報ブログ
豊島区を楽しむ!グルメ・おでかけ情報ブログ

中華蕎麦ジンベエに行ってきた!西巣鴨に煮干しラーメン専門店がオープン

中華蕎麦ジンベエに行ってきた!西巣鴨の煮干しラーメン

2022年12月12日「中華蕎麦ジンベエ」が西巣鴨にオープンします。

煮干しの旨味を追求した中華蕎麦を提供する、煮干しラーメン専門店です。

この記事では、西巣鴨「中華蕎麦ジンベエ」のアクセスや店舗情報、メニュー、店内の様子、実際に中華蕎麦を食べた感想を紹介します。

ERIPO
豊島区在住ERIPO

プレオープンで、2種類の中華蕎麦を食べ比べしてきました!

※感染拡大防止のため、営業状況が異なる場合があります。公式HP等で営業時間のご確認をお願いいたします。

中華蕎麦ジンベエは煮干しラーメン専門店

中華蕎麦ジンベエが西巣鴨に12月オープン予定!千石自慢らーめん跡地

西巣鴨の「中華蕎麦ジンベエ」は、クオリティにこだわった煮干しラーメン専門店。

二郎系で人気の「ラーメン鷹の目」のセカンドブランドとして誕生しました。

煮干の産地や種類、組み合わせ、使用する醤油にこだわり、最高の煮干し蕎麦を追求したそう。

使用する麺やレアチャーシュー、トッピングの卵にいたるまで、食材にもこだわっています。

  • メニューはこだわりの煮干系のみ
  • 中華麺用の小麦粉「麺遊記」を使用
  • コシの強い自家製の特製細麺
  • 卵はおいしくて安全な田中農場産

中華蕎麦ジンベエの店長、梅沢さん(通称・梅さん)。これまでは鷹の目の本店で店長を務めていました。

プレオープンに立ち会っていた鷹の目の社長さんによると、当初はここに鷹の目をオープンしようと思っていたそう。

「ただ、うちには煮干しのプロがいたんでね!」と梅さんのほうをチラリ。

鷹の目ではもともと限定メニューで煮干し蕎麦を提供していたそう。

梅さんが手掛ける煮干し蕎麦が大好評で、今回セカンドブランドとしてオープンするに至ったとのことでした。

中華蕎麦ジンベエ アクセス・営業情報

オープンからしばらくは夜のみ営業で、体制が整い次第昼も営業する予定だそうです。

  • 【営業時間】17時~22時
  • 【定休日】月曜(オープン日の12/12は営業)
  • 【住所】東京都豊島区西巣鴨3-19-9
  • 【電話】調査中
  • 【アクセス】
    都営三田線 西巣鴨駅 A1出口 徒歩5分
    都電荒川線 新庚申塚駅 徒歩6分
    JR板橋駅 東口 徒歩10分
  • 【座席】12席
  • 【駐車場】なし
  • 【駐輪場】なし
  • 【HP】公式Twitter

中華蕎麦ジンベエの場所

「中華蕎麦ジンベエ」の場所は西巣鴨駅から徒歩5分、明治通り沿いにあります。

2022年7月末に閉店した「千石自慢らーめん 西巣鴨店」跡地。

すぐ隣には大正大学があり、人通りが多い場所です。

大学のすぐ近くにラーメン屋が復活して、多くの学生さんが喜びそうですね。

>>関連記事:大正大学の学食・鴨台食堂に行ってきた

中華蕎麦ジンベエに行ってきた!

オープンに先駆けて12月8日、9日に完全予約制でプレオープンがあり、8日の夕方に行ってきました。

プレオープン時は暖簾(のれん)は出さず、シャッターも半分閉まったまま。

通りすがりに足を止めてお店を見たり、中を覗いたりする人が多く、近隣の皆さんはかなり気になっている様子でした。

オープンしたらたくさんの人で賑わいそうですね。

黒と明るい木目を基調とした、シックな雰囲気の店内。

お店に入るなり、おいしそうな煮干しのにおいが……!

プレオープン時は、店長とともに鷹の目の社長さんが厨房に立っていました。

購入は食券制。お店に入ってすぐに券売機があります。

セルフサービスの水。

プレオープン時は表に暖簾(のれん)は出ておらず、店内に飾られていました。

木のぬくもりを感じるカウンター。店内には荷物置きのカゴあり、自由に使うことができます。

手洗いシンクとタオル。

卓上調味料は、煮干し酢とブラックペッパー。

店内のホワイドボードには、その日の煮干しの構成と、和え玉の詳細が書かれています。

和え玉(あえだま)とは、替え玉に調味料や薬味などをくわえたものです。

中華蕎麦ジンベエでは、鶏油の和え玉を提供しています。

中華蕎麦ジンベエのメニュー

※価格は税込み

麺メニュー

  • 中華蕎麦 850円
  • 濃厚 中華蕎麦 950円
  • かけ中華そば 600円
  • かけ濃厚 中華蕎麦 700円
  • 特製 中華蕎麦 1,200円
  • 特製濃厚 中華蕎麦 1,300円
  • 替え玉 150円
  • 和え玉 300円
  • 限定和え玉 400円

トッピング

  • レアチャーシュー2枚 200円
  • 玉ねぎ 50円
  • 海苔 50円
  • 味玉 150円
  • 味付けうずら 100円
  • 大葉 50円
  • 極太メンマ 50円
  • 田中農場の生卵 100円
  • 味付うずら5個 100円

ごはん

  • レアチャー丼 300円
  • 白米 100円

ガッツリ濃い!濃厚中華蕎麦

こちらは濃厚中華蕎麦(950円)。

提供された瞬間に、ふわっと煮干しのいい香りが広がります。

具材は、鶏チャーシュー、豚チャーシュー、玉ねぎ、ネギ、海苔。

+350円の特製バージョンだと、鶏チャーシューが+1枚、豚チャーシューが+1枚と、メンマがつくそうです。

やや平たい形状の丼。麺を混ぜやすそうな形です。

しっとり低温調理で仕上げた鶏チャーシューと豚チャーシュー。

2種類のおいしいチャーシューを味わえるのは嬉しいですね。

まぜそばのように、スープと麺を混ぜ合わせていただきました。

独特の歯ごたえがあるストレートの中細麺に、濃厚スープがよくからんでおいしい……!

自家製麺は、コシの強さが特長の中華麺用の小麦粉「麺遊記」を使用しているそう。

刻み玉ねぎがいいアクセントになり、シャキシャキ食感も楽しめました。

名前通り、濃厚でガツンと煮干しが効いた濃厚スープ。煮干し系好きにはたまりません。

とろみがあり、口当たりがよく飲みやすいです。

煮干しのクセが強いですが、万人受けしそうな味だと思いました。

塩気が全面に出ず、煮干しそのもののおいしさを楽しめます。

しっかり厚みがあり、食べごたえのあるレアチャーシュー。胡椒とスパイスが効いていておいしかったです。

濃厚中華蕎麦をおいしく食べたところで、意外とまだいけることに気づいてしまいました……。

中華蕎麦と濃厚中華蕎麦の違いがどうしても気になるので、2杯目に中華蕎麦を注文することに。

中華蕎麦をこだわり卵でTKM

こちらがスタンダードな中華蕎麦(850円)。

中華蕎麦と濃厚中華蕎麦は、ただスープの濃さが違うという単純なものではないらしいです。

使用する煮干しの構成や、出汁の取り方がまったく異なるそう。

具材は濃厚中華蕎麦とまったく同じ。

豚のレアチャーシューもおいしいけれど、個人的には優しい味のしっとり鶏チャーシューがかなり好みでした。

濃厚中華蕎麦よりも色が薄く、サラサラしたスープ。濃厚タイプとはまた違った風味があり、こちらもおいしいです。

いい意味で煮干しのエグ味が強い濃厚タイプに比べて、こちらはエグ味は少なめ。

旨味をしっかり閉じ込めた煮干しスープをじっくり味わう感じ。

さっぱりした味わいのなかに、しっかり煮干しのコクを感じることができます。

コシが強いパツパツ麺が、煮干しによく合います。

のびにくい麺で、最後までプリプリした食感を楽しむことができました。

少し麺を食べ進めたところで、トッピングの生卵を投入することに。

お店の方におすすめされたイチオシのトッピング、埼玉県深谷市にある田中農場の生卵(150円)。

そういえば、以前「幻の卵屋さん」という高級卵の催事ショップで、田中農場の卵を買ったことがありました。

安心・安全なエサと環境にこだわって作られた、テレビでも紹介された人気の卵です。

まぜそば界隈では、生卵を落として食べるTKM(たまごかけめん)という言葉があるんですね。

人生初の生卵トッピングに、ちょっとドキドキ……。

オレンジが色鮮やかな、見るからに濃厚そうな田中農場の卵。

麺と混ぜ合わせていただきます。

卵の濃厚さ・まろやかさが加わり、とってもおいしい……!

煮干しによく合いますね。田中農場の卵はコクがあるのに臭みがないので、煮干しの味を邪魔しません。

卵のまろやかさが、煮干しの風味をより引き立ててくれます。

最後に丼の底に残った、シャキシャキ玉ねぎとネギで食べるスープがまたおいしい。

さすがに2杯食べたら、お腹は超満腹になりました。笑

濃厚だけど油っぽくないので、スルスルッとお腹に入っていきます。とても好みの味でした。

それぞれのおいしさを楽しめて、大満足です!

中華蕎麦ジンベエのこだわり煮干し蕎麦を堪能しよう

「鷹の目」のセカンドブランド、そして人気ラーメン屋の跡地にできるお店とあって、早くもラーメンファンから注目を集めている中華蕎麦ジンベエ。

食材からこだわりぬいた極上の煮干し中華蕎麦は、煮干し系ラーメンが好きな人にはぜひ味わってほしいと思いました。

トッピングの濃厚な生卵もおすすめです。

ERIPO
ERIPO

今度は和え玉も食べてみたいです!

 

巣鴨「らーめん鴨&葱」実食レポ!人気ラーメン店「鴨to葱」の姉妹店がオープン
巣鴨「らーめん鴨&葱(かもとねぎ)」のアクセスや店舗情報、メニュー、店内の様子、実際にラーメンと親子丼を食べた感想を紹介します。御徒町「鴨to葱」の姉妹店です。
「にしき之中華ソバ」に行ってきた!池袋西口に煮干し系ラーメンがオープン
池袋「にしき之中華ソバ」のアクセスや店舗情報、メニュー、店内の様子、実際に中華そばを食べた感想を紹介します。瀬戸内の煮干しや食材をふんだんに使った、煮干し系ラーメンのお店です。
バーガーキング 巣鴨駅前店が2023年1月25日オープン!14年ぶりに巣鴨に復活
2023年1月25日、巣鴨に「バーガーキング 巣鴨駅前店」がオープンしました。 バーガーキングは、1954年にアメリカで生まれたハンバーガーチェーン店。 世界でも第2位の店舗数を誇る、大人気ハンバーガーショップです。 ...
グルメ
この記事を書いた人
ERIPO

としまらいふ管理人。豊島区民歴11年。豊島区在住の豊島区大好きなワーママ。西池袋、南池袋、雑司が谷、目白、椎名町あたりによくいます。

【池袋情報】としまらいふ 豊島区情報ブログ