豊島区を楽しむ!グルメ・おでかけ情報ブログ

CALL A CHICKEN 池袋本店がオープン!中国発のフライドチキン専門店

2022年7月、池袋西口に「CALL A CHICKEN (コールアチキン)池袋本店」がオープンします。

アクセスや店舗の場所、オープン最新情報を紹介します。

※感染拡大防止のため、営業状況が異なる場合があります。公式HP等で営業時間のご確認をお願いいたします。

CALL A CHICKEN は中国発のフライドチキンのお店

池袋西口の西一番街で、CALL A CHICKEN(コールアチキン)池袋本店がオープン準備をしています。

色鮮やかな黄色い店構えと、ファンキーなニワトリのイラストがとっても気になる…!

店内のカウンターも黄色く塗られ、ポップで明るい雰囲気の店内になるようです。

看板に書かれた「叫了个炸鸡」は、直訳すると「フライドチキンを注文」(Google翻訳より)。「チキンください」的な意味を持つ店名でしょうか。

ちょうどお店のスタッフが外にいたので聞いてみると、中国からきたフライドチキンやチキンバーガーのお店だそう。

各国・各地にお店があり、「CALL A CHICKEN」は東京の加盟店の屋号になるそうです。

お店のInstagramを見ると、一羽まるごと揚げたサクサクチキン(脆皮童子鸡)が看板メニューのようです。

テイクアウト・イートインの両方を気軽に楽しめるお店になりそうですね。

CALL A CHICKEN(コールアチキン)は池袋が国内1号店?

調べたところ、現在日本国内に「CALL A CHICKEN」という名前のお店はありませんでした。

「CALL A CHICKEN」という名前のお店は、この池袋本店が初めてのようです。今後都内で店舗が増えていくかもしれませんね。

ちなみにカナダには系列店と思われる「CALL A CHICKEN」が何店舗かあり、黄色とニワトリが目印のお店でフライドチキンを販売しています。

大塚店

親元となる「Call a Fried Chicken」は、2014年に上海で設立されたフライドチキンに特化したケータリングブランド。

高田馬場や大塚、赤羽、上野の「J.CHICKEN 叫了个炸鸡」も同じ系列のようです。

J.CHICKEN もよく似た黄色い外観の店舗で、一羽丸ごと揚げたフライドチキンを販売しています。

CALL A CHICKEN(コールアチキン)池袋本店の場所

「CALL A CHICKEN 池袋本店」は、池袋西口(北)の西一番街、セブンイレブンの隣にあります。

以前は「背脂ラーメン宮本」、2021年秋からは「ラーメンは人を幸せにする」があった場所です。

数日前にラーメン屋の撤収作業をしているのを見たばかりだったので、もう次のお店ができていてびっくりしました。

駅近の繁華街で人通りが多いグルメエリアなので、テナントはすぐに決まりそうですね。

とても目立つ黄色い外観をしているので、オープンしたら話題になりそうです。

CALL A CHICKEN 池袋本店のアクセス・店舗情報

  • 【住所】 東京都豊島区西池袋1-41-1
  • 【電話】048-278-6856(加盟電話)
  • 【アクセス】池袋駅 西口(北)徒歩3分
  • 【駐車場】なし
  • 【駐輪場】なし

CALL A CHICKEN は配達にも対応

CALL A CHICKENは、UberEatsに対応しています。UbeEatsのアプリを立ち上げて「call」で検索してみてください。

【1100円】初回限定クーポン
クーポンコード:eats-oryayi

UberEatsで割引クーポンを使う

【クーポンの使い方】
UberEatsアプリ内「アカウント → プロモーション → コードを入力」

CALL A CHICKEN のオープンが待ち遠しい!

お話を聞いたスタッフの方(オーナーさん?)は中国人の方でした。中国で人気の味を本場そのままに楽しめそうですね。

珍しい鶏一羽丸ごと使った、新感覚のフライドチキン。外サクサク・内ジューシーでとってもおいしそうですね。

オープンしたら食べに行きたいと思います。

グルメ
この記事を書いた人
ERIPO

としまらいふ管理人。豊島区民歴10年。豊島区在住の豊島区大好きなワーママ。西池袋、南池袋、雑司が谷、目白、椎名町あたりによくいます。

\としまらいふフォローお願いします/
としまらいふ 池袋・豊島区情報ブログ