【lamp】池袋・椎名町のカフェランプでランチしたよ!ホットケーキが人気の隠れ家喫茶 | 【池袋情報】としまらいふ 豊島区情報ブログ
豊島区を楽しむ!グルメ・おでかけ情報ブログ

【lamp】池袋・椎名町のカフェランプでランチしたよ!ホットケーキが人気の隠れ家喫茶

椎名町 池袋 カフェlamp

2005年にオープンして以来、地元の人たちに愛されているアットホームなカフェ「lamp(ランプ)」。

池袋と椎名町のちょうど中間あたり、駅から少し離れた閑静な住宅街にある、隠れ家的なお店です。

手作り感あふれる気取らない雰囲気の「lamp」は、一人でゆっくりしたいときや、子連れでランチしたいとき、おいしいスイーツで一息つきたいときなど、シーンに合わせて使うことができますよ。

ここでは、池袋・椎名町にあるカフェ「lamp(ランプ)」のアクセスや店舗情報、メニュー、店内の様子、実際にランチやパンケーキを食べた感想をご紹介します。

※感染拡大防止のため、営業状況が異なる場合があります。公式HP等で営業時間のご確認をお願いいたします。

lamp(ランプ)は池袋のギャラリーカフェ

カフェ lamp お店の外観

ノスタルジックな雰囲気を感じさせる、白で統一された壁が印象的な「lamp(ランプ)」。築50年以上の古民家の書庫を改装して作られているそう。

カフェ lamp 看板

手作り感あふれる、可愛らしい看板。「lamp(ランプ)」の看板メニューである3段のホットケーキが目印です。テイクアウトメニューも販売しています。

*lampという言葉には「明かり・ともしび」のほかに
「光・火・愛・美・知識の源の象徴」
という意味があります
アートの種類は
実にさまざまです
絵画や彫刻といったものから
手芸や文芸ひいては
食べることや飲むことなどを含めた
「生きること」そのものがアートだと
私は考えます
ここが小さな文化の発信地となり
この小さな空間が
たくさんの笑顔と
たくさんのアートを
うみだせますように・・・
おいしいお食事と
お飲み物をご用意して
お待ちしております

引用元:lamp公式サイト

「lamp(ランプ)」という店名には、「明かり・ともしび」という意味以外に「光・火・愛・美・知識の源の象徴」という意味がこめられています。

さまざまな文化の発信地になることを目指し、店内では定期的にアート作品の展示が行われています。

さまざまなアートに触れることができ、ギャラリーカフェとしても楽しめますよ。

池袋 lamp(ランプ)のアクセス・店舗情報

池袋駅南口、椎名町駅、目白駅のちょうど中間あたりに「lamp(ランプ)」があります。

場所は、すいどーばた美術学院本館の隣。真っ白な壁の入口と、ホットケーキの描かれた看板が目印です。

  • 【営業時間】12:00~18:00
  • 【定休日】日・月(臨時休業あり)
  • 【住所】東京都豊島区西池袋4-2-13
  • 【電話】050-3390-2005
  • 【アクセス】西武池袋線 椎名町駅 北口 徒歩9分
    JR目白駅 徒歩11分
    JR池袋駅 南口/メトロポリタン口 徒歩11分
    有楽町線/副都心線 要町駅 C2出口 徒歩12分
  • 【座席】16席
  • 【喫煙】禁煙
  • 【駐車場】なし(近隣にコインパーキングあり)
  • 【駐輪場】なし
  • 【HP】食べログ lamp公式サイト

池袋 lamp(ランプ)のメニュー

lampはワンドリンクオーダー制です。すべてのフードとスイーツメニューが、ドリンクを頼むと100円引になるのでお得です。(例:ホットケーキとカフェラテで1,000円 → 900円)

※価格はすべて税込

フードメニュー 各850円

フードメニューは平日12時~13時限定で700円(麦茶付き)となります。麦茶は+100円で400円までのドリンクに変更可能。平日のお得なランチタイムは見逃せません!

  • ハーブチキンとひよこ豆のグリーンカレー
  • 気まぐれ野菜とそぼろのガパオご飯
  • とろけるチーズのデミグラス風ミートドリア
  • 気まぐれ野菜とそぼろのスウィートチリソースご飯
  • やわらか蒸し鶏のフォー

スイーツメニュー

+200円でバニラアイス&生クリームを追加できます。

  • lampホットケーキ 500円
  • オレオチーズケーキ 600円
  • NYチーズケーキ 600円
  • チョコレートブラウニー(バニラアイス添え) 550円

ドリンクメニュー

  • lampコーヒー(hot/ice) 400円
  • エスプレッソ(hot) 400円
  • カフェラテ(hot/ice) 500円
  • カプチーノ(hot/ice) 500円
  • カフェモカ(hot/ice) 600円
  • アフォガート(熱いエスプレッソ+バニラアイス) 600円
  • アイスアフォガート(冷たいエスプレッソ+ミルク+バニラアイス) 600円
  • ココア (hot 450円/ice 500円)
  • 紅茶・ルイボス各種(hot/ice) 400円〜
  • 100%オレンジジュース 400円
  • コカ・コーラ 450円
  • ジンジャーエール 400円

アルコールメニュー

  • ビール各種 650円
  • ハウスワイン(red/white) 400円
  • カルーアミルク 600円
  • カシス/カンパリ(ソーダ/オレンジ) 600円
  • カンパリジンジャー 700円
  • おつまみナッツ&チップ 400円

lamp(ランプ)の店内は可愛いインテリアがいっぱい

カフェ lamp カウンター

1歳娘と6歳息子を連れて、土曜の午後に「lamp(ランプ)」にランチを食べに行ってきました!

開店直後の12時半に行ったところ、すでに3組の先客が。「lamp(ランプ)」の人気がうかがえます。

外観と同じく、白を基調とした手作り感のある温かい雰囲気の店内。コンパクトな店内ですが、真っ白な天井・壁と、奥行きを感じさせる座席配置のおかげで、狭さは感じません。

カフェランプの販売ギャラリー

入口の脇では、可愛い雑貨の販売も。雑貨屋さんかと思うほどいろいろな商品が並んでいます。

カフェ lamp 店内のモビール

天井には可愛い猫のモビールが。1歳の娘が気に入って「にゃあ!にゃあ!」と指差して喜んでいました。

店内は厨房前のカウンター席3つと、とテーブル席が2卓。奥にはソファ席が4卓あります。

三方が壁に囲まれている、独立した一人席もありました。ゆっくりくつろげそうですね。

犬の置物やオシャレなランプ小物など、店内のオブジェもとっても可愛い! 店内のあちこちにランプがあり、店内を優しく照らしてくれています。

カフェ lamp 店内

店内奥のソファ席です。椅子やテーブルはさまざまなデザインのものを使っているので、お気に入りの席を見つけるのも楽しそう。

アットホームで、自分の家のようにくつろげる雰囲気です。初めて来るのに、どこか懐かしい感じ…。

カフェ lamp 店内の時計

オールドアメリカン風?なレトロなポスターと、真っ赤なポップなデザインと、鹿のオブジェ。

昭和を感じさせる古民家の雰囲気とマッチして、なんともいえないノスタルジックな空間を演出してくれています。

池袋 カフェ ランプの内装

壁にはたくさんの絵が飾られていて、アーティスティックな雰囲気。

客層は幅広く、男性同士から女性同士、おひとり様、家族連れまでさまざま。

男女年齢問わず、みなさんゆっくり食事楽しんでいました。

カフェ lamp ソファ席

今回は奥のソファとローテーブルの席に案内されました。ゆったりとしたフカフカのソファに、子供たちは大喜び!

ベビーカーOKで、席までベビーカーで行くことができました。(娘がソファに座りたがったので、ベビーカーは閉じて座席近くに置きました。)

カフェ lamp ソファ席の子供

席についてほどなくして、メニューとお水が。ちなみに写真に写っているリラックマは、お店のものです。クマがちょこんと座っていて可愛い(笑)

オーナーが、調理から接客まですべて一人でされているようでした。子供たちにとっても親切にしていただき、ありがたかったです。

子供連れでも入りやすい雰囲気のお店ですが、子供用の椅子や食器の用意はとくにありません。ソファにお座りできない年齢の赤ちゃんと行く場合は、ベビーカーに座らせておくのが良さそうです。

lamp(ランプ)名物!3段重ねのホットケーキ

カフェ lamp ホットケーキ

「lamp(ランプ)」の名物、3段重ねの可愛いホットケーキ(500円)。たっぷりのバターに刺さっている、羊の旗が可愛い!

結構ボリュームがあるので、一人だとホットケーキだけでお腹いっぱいになってしまうかも。

ふかふかの分厚いホットケーキは、手焼きならではのコロンとした温かみのある形。別添えのメープルシロップをたっぷりかけて、いただきまーす!

カフェ lamp ホットケーキとシロップ

ホットケーキは、もっちりとした弾力のある生地。外はサクッと、中はフワフワだけどもっちり噛みごたえのあるホットケーキです。しっとり・ずっしりっとした感じ。

ホットケーキ自体は甘さ控えめなので、子供にも安心してあげられます。娘が気に入って、何もつけずに1個まるまる食べていました。

ホットケーキは、+200円でアイスクリームと生クリームをつけることができます。

甘さ控えめのホットケーキに、バニラアイスがよく合います。

優しい味わいのホットケーキは、ランチと一緒に食べても邪魔にならない感じでした。

シンプルで飽きのこないおいしさです。シロップとバター、バニラアイスと生クリームの付け具合をいろいろ試しつつ、最後まで飽きずにおいしさを楽しめました。

私も子供たち2人も、大満足のおいしいホットケーキでした!

lamp(ランプ)のランチ実食レビュー

おいしい手作りの味がお手ごろ価格で食べられる、「lamp(ランプ)」のメニュー。

丁寧に作られたおいしいランチが850円(平日12時~13時は700円!)で食べられます。

これまでに食べたものを紹介します。

ハーブチキンとひよこ豆のグリーンカレー

カフェ lamp グリーンカレー

グリーンカレーのぴりっとした辛味とハーブの香りが楽しめる、ひよこ豆のグリーンカレー。

ピリ辛のグリーンカレーと、ほろほろのやわらかいハーブチキンが相性抜群! とってもおいしかったです。野菜と卵の付け合わせがあり、栄養バランスも良さそう。

とろけるチーズのデミグラス風ミートドリア

カフェ lamp ミートドリア

デミグラス風ミートドリアは、たっぷりチーズがかかっていてボリューム満点。6歳の息子が気に入って、ほとんど一人で食べてしまいました。

デミグラスソースがとってもコクがあり、濃厚でおいしかったです。焦げ目のついたチーズの香ばしさも最高! ドリアのご飯は汁っぽくならず、ちゃんとご飯の食感を味わうことができました。

気まぐれ野菜とそぼろのガパオご飯

カフェ lamp 気まぐれ野菜とそぼろのガパオご飯

あっさりとしたそぼろが乗った、野菜たっぷりのヘルシーなガパオご飯。辛みはないので、辛い物が苦手な人でも大丈夫です。

タイ料理のガパオライスとは少し違い、油っぽさがなく、和風な味付けでした。焼きネギとナンプラーの風味がおいしかったです。

量はカフェ飯といった感じで、ボリュームのある量ではありません。飲み物やデザートと一緒に軽く食べるのにちょうど良いです。

やわらか蒸し鶏のフォー

カフェ lamp やわらか蒸し鶏のフォー

こちらは蒸し鶏のフォー。やわらかい蒸し鶏が入っています。優しいチキン味のスープが、体に染み渡ります。

手軽にヘルシーなランチをしたいときにちょうど良さそうです。おいしくツルッと食べられちゃいます。

ソファ席のローテーブルだと、テーブルが低すぎて麺類はちょっと食べにくかったのが難点。

気まぐれ野菜とそぼろのスウィートチリソースご飯

たっぷりの野菜に卵とそぼろがのった、スウィートチリソースご飯。栄養バランスが良いのが嬉しいです。

そこまで辛くはないので、辛い物が苦手な人でも大丈夫だと思います。

ヘルシーで食べやすい、ちょうど良いボリュームのカフェ飯でした。

カフェラテ

カフェ lamp アイスカフェラテ

ミルク感たっぷりのアイスカフェラテ。コーヒーのほろ苦さはあまりありませんでしたが、喉越し良くて飲みやすかったです。

100%オレンジジュース

カフェ lamp オレンジジュース

息子が一口飲んでしまった後ですが、100%オレンジジュース。

炭酸の入っていないジュースはオレンジジュースのみだったので、もう少しジュースのバリエーションが増えると嬉しいな。

lamp(ランプ)の口コミ・評判

椎名町・池袋のカフェ「lamp(ランプ)」のSNSでの評判をご紹介します。とにかくホットケーキを絶賛する声の多いこと! さすが看板メニューなだけあります。

池袋・椎名町のlamp(ランプ)でゆったりとした時間を過ごそう

カフェ lamp 店内の様子

いつも多くの常連客でにぎわっている池袋・椎名町のカフェ「lamp(ランプ)」。

オーナーの女性がとても気さくで親切なのが印象的でした。アットホームで温かい雰囲気の店内は、ついつい長居をしちゃいそうです。

子供連れでも入りやすい雰囲気で、我が家以外にもファミリーでの来店がちらほら。子供と一緒に行ける素敵なお店が見つかって、とても嬉しいです。

都会の喧騒から離れた隠れ家カフェ「lamp(ランプ)」で、おいしい食事とゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

椎名町サイフォニスタでランチ!サイフォン式コーヒーが飲めるカフェ【Cafe Siphonista】
椎名町駅前の「Cafe Siphonista(カフェ サイフォニスタ)」は、2015年12月にオープンしたサイフォン式コーヒーの喫茶店。椎名町にある「Cafe Siphonista(カフェ サイフォニスタ)」のアクセスや店舗情報、メニュー、店内の様子、実際に行ってきた感想、口コミや評判をご紹介します。
目白のカフェネストに行ったよ!自家焙煎コーヒーの隠れ家カフェ【cafe & studio nest】
カフェネスト(cafe & studio nest)の営業時間やメニュー、目白駅からの行き方、行ってみた感想をご紹介します。目白4丁目の住宅街にあるカフェネストは、自家焙煎コーヒーがおいしい目白の隠れ家カフェです。
藤香想(とうかそう)は要町の古民家カフェ!趣深いレトロ喫茶で味わう絶品ランチ
要町にある古民家カフェ「藤香想(とうかそう)」のアクセスや詳しい行き方、店舗情報、メニュー、店内の様子、実際に行ってきた感想をご紹介します。ほっと癒やされる雰囲気なかでランチやドリンク・デザートが楽しめますよ。